『五体不満足』著者、乙武洋匡氏に第2子男児が誕生 Twitterで報告

■その他の写真ニュースはこちら



 ベストセラー『五体不満足』(講談社)の著者、乙武洋匡氏に第2子が誕生したことがわかった。9日付のTwitter、10日付のブログで明かしたもので、乙武氏は、「本日、14時50分、第二子が誕生いたしました。2968g、50cm、元気な男の子です!」と報告。「夫婦ふたりで新しい家族の誕生を迎えることができたことに、大きなよろこびを感じています。家族や友人、まわりの人々の助けを借りながら、この小さな命を、大切に、大切に育てていきたいと思います」と喜びを明かしている。

 乙武氏は、9日の朝にTwitterで「陣痛なう」とつぶやき、妻の出産が近いことを報告。「いまから病院へ。間に合うといいけど…」と病院に向かったことを投稿。無事に出産にも立会い、妻を励ます中、14時50分に第2子が誕生。「元気な男の子です!! 妻も、次男も、本当に、本当によく頑張ってくれました。バンザイ\(^O^)/」と報告。また、Twitter上にはフォロワーから多くの励ましの投稿が送られ、乙武氏は「Twitter上では、本当に多くの方から励まし&祝福の言葉をいただき、深く感謝しています。ありがとうございました」と感謝の言葉を綴っている。

 乙武氏は、先天性四肢切断という障害で生まれながら、1浪を経て早稲田大学政治経済学部卒業。1998年に著書『五体不満足』を出版し、「障害は不便です。しかし、不幸ではありません」というメッセージが反響を呼び、500万部を超す大ベストセラーに。報道番組『ニュースの森』(TBS系)でサブキャスターを務めたほか、スポーツライターとしても活動。また、05年には、新宿区教育委員会の非常勤職員“子どもの生き方パートナー”として教育活動を開始。07年に小学校教諭二種免許状を取得し、同年4月から10年3月まで杉並区立杉並第四小学校教諭として勤務し、3・4年生を担任。また私生活では、01年3月、早稲田大学で1年後輩の女性と結婚。08年1月3日に第1子の長男が誕生している。






関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事