元フジテレビアナウンサー中村江里子が第3子の女児・takaeちゃんを出産

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 元フジテレビでフリーアナウンサーの中村江里子(41)に第3子となる女児が誕生していたことが17日、わかった。同日、公式サイト及びブログで「8月9日の月曜日、フランス時間の夜8時。クリニックに入ってから1時間半後に、50センチ、3010グラムの女の子を出産しました」と報告。「娘の名前はtakaeです。正式にはこの後に、彼女のひいお婆ちゃまたち4人の名前、彼女のマレンヌ(キリスト教の教母、ゴッドマザー)の名前が付きます」と名前も公表している。

 中村は2001年に仏人実業家のシャルル・エドワード・バルト氏と結婚後、生活拠点をパリに移し2004年に長女、2007年に長男を出産。「3年半振りに、授乳、オムツかえなどに追われる寝不足の日々が始まりましたが、私はこの単調な、でも、穏やかでただただ愛情だけが存在する温かな時間が大好きです」と愛情を表現している。

 今年3月22日に第3子懐妊を発表した際に「きっと私の人生で最後の妊婦生活」と綴っていたが、次女誕生により「妹が欲しかった長女は大喜び。弟が欲しかった長男は…「次は弟だね!」と、今から楽しみにしています。もし、神様がチャンスを下さるのなら…あともう一人、産みたい!!」と子だくさん家庭に向け、早くも第4子出産願望をあらわにしている。

二世誕生へ!主な「おめでた・出産」記事


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube