結婚式費用は全国平均325.7万円、親の援助額は平均193.2万円 〜リクルート調査

結婚費用は全国平均325.7万円、親の援助額は? 

[拡大写真]

結婚費用は全国平均325.7万円、親の援助額は? 
 リクルートが発行している結婚情報誌『ゼクシィ』は22日、都内本社で「結婚トレンド調査2010」を発表した。同調査によると、挙式・披露宴・披露パーティにかける金額は325.7万円で、昨年調査より5.0万円減少しているものの2008年調査を8.3万円上回る高水準となった。また、結婚式費用について親や親族から援助があった人は75.4%、援助総額は平均193.2万円だった。

 披露宴・披露パーティをあげた理由(複数回答)は「親・親戚に感謝の気持ちを伝えるため」(68.6%)がもっとも多く、次いで「親・親戚に喜んでもらうため」(57.2%)となった。また、招待客1人あたりの結婚式費用は5.3万円(前年比0.2万円増)、招待客人数の平均は72.7人(同1.1人減)で、招待客1人当たりの費用が増加し招待客人数は減少している点も、近年の傾向だという。

 同社は近年の結婚式について「親や親族、友人に感謝の気持ちを伝えたいという“おもてなし重視”の傾向が強く、リーマンショック以降の不況下にもかかわらず、結婚式費用が高い水準で推移している要因になっている」と分析。同誌の伊藤綾編集長は「招待客が楽しめるようおいしい料理の店を探す、お酒が飲めない人や車で来ている人のためにソフトドリンクの種類を増やす、両家の母親の衣装も手配するなどの心くばりが、結果として単価を上げているのではないか」と、今回の結果について語った。

 同調査は2010年4月23日から6月4日、2009年4月から2010年3月に結婚をした、または結婚予定があった同誌読者を地域ごとにサンプリングし、郵送で調査を実施。全国地域9792件の回答を元に集計している。

>>【2010年度版】顧客満足度の高い「結婚情報サービス」ランキングへ


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube