映画『うまれる』の監督とプロデューサー同士でオメデタ婚 10日後に「生まれる」

映画『うまれる』の舞台あいさつで自身の“オメデタ婚”を明かした豪田トモ監督(右)とつるの剛士 

[拡大写真]

映画『うまれる』の舞台あいさつで自身の“オメデタ婚”を明かした豪田トモ監督(右)とつるの剛士 


 親子や家族の絆を描いたドキュメンタリー映画『うまれる』(6日公開)の舞台あいさつが7日、都内であり、豪田トモ監督(37)自ら「実は僕は3日前に入籍して、17日には妻が出産予定です! 映画の製作と赤ちゃんが同時進行して。映画公開と共に新しい命が生まれて、幸せいっぱいです!」と“うまれる”話題を提供した。しかも豪田監督夫人が、同作のプロデューサーを務めた牛山朋子氏さんであることが明らかになった。

 この日は本来、同作のナレーションと主題歌を担当した“イクメン”タレント・つるの剛士(35)がメインとなるはずだったが、まさかの監督自らのオメデタ婚発表で主役の座をさらった。

 つるのは映画ナレーション初挑戦に「ありがとうございます。ご覧になったみなさん、どうだったか気になりますね」と反応が気になる様子。会場から拍手が起こると安堵の表情になり「自分の奥さんもこの映画を観ました。ナレーションも誉めてもらえて良かったです。僕はまず奥さんが第1関門ですから、認めてもらえると自信がついて全力を出せるのです。プロポーズで、スタイリストである奥さんに『僕の人生のスタイリングをして下さい』と言ったくらいですからね」とオノロケ発言を連発した。

 豪田監督が「つるのさんからは育児のヒントをたくさん学ばせていただきました。一番感動したのは『究極の育児は夫婦仲!』と言う言葉ですね」と明かすと、つるのは「そうなんです。育児の究極は夫婦関係だと思うのです。イクメン代表といわれて恐縮ですが、子供ばかりではなくて、日頃育児で大変な奥さんをフォローすることもイクメンだと思うのです」と家庭円満の持論を展開していた。

 映画『うまれる』は、開設したウェブサイトから募った約200名の中から4組の家族の命のドラマを中心に1年以上かけて撮影。新米夫婦の妊娠から出産までの奮闘や、生まれてきた意味、家族のあり方、人とのつながり、生きることなどを描いたドキュメンタリー作品。




関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube