ようこそ日本! 外国人旅行客招致ブラお披露目〜世相反映ブラ最新作

トリンプの“世相反映ブラジャー”最新作『ようこそ!日本ブラ』を披露した河合ひかる (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

トリンプの“世相反映ブラジャー”最新作『ようこそ!日本ブラ』を披露した河合ひかる (C)ORICON DD inc. 
 世相や流行を反映させたユニークなブラジャーを発表しているトリンプ・インターナショナルは10日、都内にて最新作『ようこそ!日本ブラ』(非売品)を発表した。官民一体となって展開している訪日旅行促進事業「ビジット・ジャパン・キャンペーン」、10月にオープンした羽田空港新国際線ターミナルをテーマにした新作は、ブラジャーやショーツに日本の観光スポットや名所を紹介できる“機能”を備え、訪日旅行者に日本の魅力をアピールできるようになっている。

 2003年から国土交通省を中心に行っている「ビジット・ジャパン・キャンペーン」は、2010年までに訪日外国人旅行者数を1000万人にすることを目標としているが、世界的な景気不安や円高の影響もあり、日本政府観光局の統計によると2007年が834万9000人、2008年が835万1000人という結果になっている。

 そんな現状を打破すべく制作された同作は、バスガイドをイメージしたネイビーカラーで、羽田空港新滑走路をイメージして飛行機のマスコットを取り付けたストラップがポイント。フロントにある3つのボタンを押すと、それぞれ英語・中国語・韓国語で「ようこそ日本へ!」と音声が流れるほか、QRコード付き観光スポット写真を入れるポケットも用意。ボトムの巻きスカートは広げて裏返すと日本地図がデザインされており、富士山、浅草雷門、秋葉原、神社仏閣、温泉、スキー場のマスコットがつけられるようになっている。

 訪日外国人旅行者誘致のため、文字どおり“ひと肌脱いで”同作を身にまとった同社2011年イメージガールの河合ひかるは「着心地はとてもよいです。ポイントは私の声が流れるフロントのボタンです」と笑顔で語った。

 1987年から続く同企画は今回で50回目。過去には農業をテーマにした『マイ田んぼブラ』(2010年春)、ゴルフ人気を受けた『ナイスカップ in ブラ』(2009年秋)、『婚活ブラ』(同年春)、『裁判員制度ブラ』(2008年秋)などを発表している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事