仁科亜季子、広告代理店勤務の男性と再婚へ

息子・克基に続いて…仁科亜季子が結婚 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

息子・克基に続いて…仁科亜季子が結婚 (C)ORICON DD inc. 
 女優の仁科亜季子(57)が一般人男性と再婚することが13日、わかった。同日、所属事務所が「以前よりお付き合いさせていただいておりました広告代理店勤務の方と、将来を見据え居を共にすることに致しました」とFAXで発表。11日には、長男で俳優の仁科克基が女優の多岐川華子との入籍を発表しており、その挙式や披露宴などがひと通り終わったタイミングでの入籍を検討しているという。

 仁科は1953年に歌舞伎俳優の十代目・岩井半四郎の次女として生まれ、高校時代にNHKドラマ『白鳥の歌なんか聞こえない』でデビューした。清純派女優として活躍し1979年に俳優・松方弘樹と結婚したが1998年に離婚。2人の子供(仁科克基、仁科仁美)は共に役者として活動している。近年は、過去に子宮がんを患った自身の経験を生かして、定期的にがん治療に関する講演を行うなど幅広く活動中。なお、この件に関しての会見などは予定していない。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事