AKB48前田がジュエリーベストドレッサーに メイサ、佳乃ら勢ぞろい

『第22回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』を受賞した(左から)AKB48・前田敦子、黒木メイサ、木村佳乃、ウォンビン、草刈民代、高畑淳子、八代亜紀、伊藤英明 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

『第22回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』を受賞した(左から)AKB48・前田敦子、黒木メイサ、木村佳乃、ウォンビン、草刈民代、高畑淳子、八代亜紀、伊藤英明 (C)ORICON DD inc. 
 人気アイドルグループ・AKB48の前田敦子(19)が26日、各年代で最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第22回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の10代部門を受賞した。東京ビッグサイトで行われた表彰式で、ダイヤモンドを使ったペンダントネックレスを贈呈された前田は「ジュエリーをもらったのは初めて。宝石が似合う女性になりたい」と大喜び。この日は前田をはじめ、黒木メイサ(22)、木村佳乃(34)ら各年代部門受賞者が一堂に会した。

 前田のほか、20代部門に黒木、30代部門に木村、40代部門に草刈民代(45)、50代部門に高畑淳子(56)、60代以上部門に八代亜紀(60)、男性部門では伊藤英明(35)がそれぞれ受賞。特別賞には韓国俳優のウォンビン(33)と蓮舫行政刷新担当相(公務のため欠席)が選ばれた。

 胸元に輝くジュエリーに前田は「今まで宝石というのに関わりがなかったので」と夢見心地。男性からジュエリーをもらうことは「憧れ」と言いつつも「近いうちでは、全然。(AKB48は)恋愛禁止だし、ジュエリーをもらうって、結婚指輪をもらうってイメージがあるから、まだまだ先の話かな〜」とはにかんだ。

 ウォンビンは同賞のために来日し「変わることなく応援してくれるファンのおかげ」と感謝。「一生かけて磨かないといけない俳優と宝石は似ている」と持論を交え「輝き続けるように努力したい」と抱負を語った。

 黒木は「いずれ自分の子供にもあげられるものを身に付けていきたい」と、今後のジュエリーとの付き合い方を明かすと、「結婚!?」と色めく報道陣にハッとしたのか、「まだ全然、子供のことなんて考えてないですけどね」と補足して笑いを誘っていた。

 日本最大の宝飾展『第22回 国際宝飾展 IJT2010』は29日(土)まで開催中。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube