有坂来瞳、2歳年上“三上博史”似の青年実業家と入籍

2歳年上の青年実業家と結婚した女優・有坂来瞳 

[拡大写真]

2歳年上の青年実業家と結婚した女優・有坂来瞳 
 女優の有坂来瞳(31)が、青年実業家(33)と結婚したことが2日、わかった。所属事務所によると、同日午前、都内の区役所に婚姻届を提出し、今年10月に都内で挙式予定。俳優・三上博史似で、ダイニングバーの経営や店舗プロデュースなどを手がける夫について有坂は「私を本当に大切にしてくれる」魅力的な男性であると説明。交際1年半を経てのゴールインを喜び「笑顔の絶えない温かい家庭を築いていきたいと思います」と決意を新たにしている。

 有坂は1997年(当時17歳)にドラマ『ガラスの仮面』(テレビ朝日系)で女優デビュー。夫とは8年前に友人の紹介で出会い、「幼馴染みのような、仲の良い関係」を構築してきた。仕事熱心で優しいだけでなく、当初から「私のことをずっと思ってくれていた」と、その“一途な”姿に心打たれ、後に交際をスタートさせた。

 昨年11月より都内のマンションで同居を開始した有坂は、その1ヶ月後のクリスマス、2人で何度か訪れた思い出の地・誕生寺(千葉・鴨川市)で「僕と結婚してください」とプロポーズを受けた。入籍日は「“二重”にいい夫婦の日で、大安だった」という理由から、2011年2月2日を選び、この日晴れて夫婦となった。

 有坂はコメントを寄せ「今日、指輪交換をして『あぁ、夫婦になったんだなぁ〜』と実感が湧きました」とおノロケ。今後も仕事は続けていくが、「35歳までには子供を産みたい。2人を希望しています」という未来像も描いている。幸せな家庭を築きながら“ママさん女優”として活躍する日もそう遠くはなさそうだ。




関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube