沢村一樹が本領発揮! 女性目線で男性用パンツを作っちゃいました

“女性が贈る”メンズアンダーウェアをプロデュースした沢村一樹 

[拡大写真]

“女性が贈る”メンズアンダーウェアをプロデュースした沢村一樹 
 「セクスィー部長」や「エロ男爵」などさまざまな異名をとる俳優の沢村一樹(43)が、満を持して初めて“女性目線”でメンズアンダーウェア『GUAR DANDO』をプロデュースした。「羊の中にオオカミがいる」などポップでユニークなプリントが印象的なデザインで、来たるバレンタインに向け「女性からプレゼントされたい下着」を提案。沢村は「『あなたの中にオオカミがいるのはわかってます、でもね』という、男を本質的にわかっている人に手に取ってもらえるかな、と。男性もこのパンツをはいて浮気しようとは思わないはず」と浮気予防にもなると胸を張る。

 かつて出演したテレビ番組で財布&バッグをプロデュースした沢村が、次に目をつけたのが“真骨頂”を発揮できる下着だった。沢村は「僕くらいの年齢の既婚男性ってなかなか自分でパンツを買えないですよね。カミさんに『新しいパンツが欲しい!』なんて言おうものなら『誰に見せるつもりなのよ!?』ってなっちゃう」と冗談めかし、「普段は言いにくい愛のメッセージを込めたプレゼントで、愛を深められたら」と、マンネリ化したカップルにもオススメだという。

 こだわったのは「女性がこの下着を見たらどう思うか?」、「女性がプレゼントしたいと思えるかどうか?」といった女性目線。デザインや履き心地はもちろん、ギフトボックス仕様のパッケージなどにも気を配り「バレンタインに告白というよりは、一歩進んだカップルへの贈り物としての提案。『この子はできるな』って思われる贈り物をしたい方には、このパンツはオススメですよ!」という会心の出来になっている。

 二枚目俳優ながらも下ネタをさらりと発言するギャップが魅力の1つでもある沢村は「表向きカッコつけてても下着がこういうポップな感じって、そのギャップが大人の余裕を醸し出していていいんじゃないかな」と、アンダーウェアから始める身のこなしを勧めていた。ちなみにブランド名の「GUAR DANDO」は、“じっと見る”を意味するイタリア語が由来。パンツをじっと見た先には…沢村ならではの解釈だ。

 現在、ドラマ『デカワンコ 犬鼻乙女刑事のクンクン捜査ファイル!』(日本テレビ系 毎週土 後9:00)に出演中の沢村がプロデュースした『GUAR DANDO』は、研音オンラインショップ「K-SHOP」にて販売中。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube