チュ・ジンモ、男の友情は一生モノ 韓国版『男たちの挽歌』に主演

チュ・ジンモ (C)ORICON DD inc.  

[拡大写真]

チュ・ジンモ (C)ORICON DD inc.  
 あのクエンティン・タランティーノ監督も憧れたハードボイルドの傑作が、四半世紀の時を経て“リウェイク(再覚醒)”され、韓国で昨年再映画化。『レッドクリフ』2部作のメガヒットの記憶も新しいジョン・ウー総指揮のもと、韓国映画界を代表するチュ・ジンモ、ソン・スンホン、キム・ガンウ、チョ・ハンソンの4大スターが夢の競演を果たした韓国版『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』(ソン・ヘソン監督)が、2月19日より日本で公開される。

 このほど、同作のプロモーションのためチュ・ジンモが来日。「男同士が友情の強い絆で結ばれたら、死ぬまで続く。男と女の場合は“愛情”が生まれて、最初はすごく燃え上がって一途にもなるけれど、それはけっして永遠とは言い切れないのではないでしょうか」とハードボイルドを語った。

 オリジナルは1986年にジョン・ウーが監督した香港映画。クールで容赦ないバイオレンス・アクションと、“男の美学”を体現するキャラクターたちのエモーショナルなドラマが融合し、“香港ノワール”というジャンルを確立した作品だ。

 韓国版『男たちの〜』は、マフィアの世界を舞台にしたオリジナルをベースに、脱北者の兄弟に起こった悲劇の物語として、現代人が忘れかけた“兄弟愛”と“忠誠心”を描き出す。北朝鮮からの脱出をはかるも、生き別れになってしまった幼い兄弟、ヒョク(チュ・ジンモ)とチョル(キム・ガンウ)。その後、再会を果たすものの、兄は釜山を拠点にする武器密売組織のボスの手下に、弟は韓国警察に所属する刑事になっていた。組織から足を洗うことを決意したヒョクだが、最後の仕事となる取引で組織の構成員だったテミン(チョ・ハンソン)に裏切られ、親友のヨンチュン(ソン・スンホン)も巻き込んで、ストーリーは展開していく。

 同作にはヒョクとチョルにとって韓国の母親がわりの存在の、食堂の女主人(キム・ジヨン)以外に女性キャラクターは登場しない。女に媚びるような軟派なエピソードも一切なし。女性には近寄りがたい男だけのディープな世界だが…。

「私は末っ子で上に3人の姉がいますが、男の兄弟はいません。もし、兄弟がいたら、今作のヒョクの演技はできなかったのではないかと思っています。自分の兄弟に対して持っている感情以上のものが出せなかったのではないか、と。幸いにも、私には兄弟がいなかったので、兄がいたら…、弟がいたら…とイメージを膨らませ、チョルに対する感情を増幅させることができことができました」

 日本では『男たちの挽歌』という邦題でおなじみだが、オリジナルの原題は『英雄本色(英題“A BETTER TOMORROW”)』で、今回の韓国版は『無敵者(ムジョクチャ)』。チュ・ジンモは、「韓国で『無敵者』は『無籍者』と同音語でもあるんです。本来、闘うべき敵は何か、自分の国籍がどこなのかはっきりしない、両方の意味がかかっています。同じ人間なのに、置かれた環境によって差別されてしまう人たちの心の痛みを表しているのです」と、韓国リメイクならではの解釈を加えてくれた。

【動画】映画『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー



関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube