吉本男前はライセンス藤原がV3! 「ブサイク」カリカ家城と殿堂入り

『よしもと男前ブサイクランキング2011』3年連続首位で“殿堂入り”した、「男前」藤原一裕(左)と「ブサイク」家城啓之 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

『よしもと男前ブサイクランキング2011』3年連続首位で“殿堂入り”した、「男前」藤原一裕(左)と「ブサイク」家城啓之 (C)ORICON DD inc. 
 毎春恒例の吉本芸人の“顔”を格付けする『よしもと男前ブサイクランキング2011』が24日発表され、ライセンスの藤原一裕が「男前」で、カリカの家城啓之が「ブサイク」でそれぞれ3連覇を達成し、見事殿堂入りした。昨年新設された女芸人部門の「べっぴん」は昨年3位だったアジアン・馬場園梓が見事女王に輝き、「ぶちゃいく」は相方・隅田美保が2年連続の女王で、皮肉にもコンビで明暗がはっきり分かれてしまった。

 ヨシモトブックスが発行する月刊お笑い総合エンタテインメント誌『マンスリーよしもとPLUS』4月号(3月1日発売号)での発表に先駆けて同日、東京・品川のよしもとプリンスシアターで記者会見が開催。「男前」の藤原は、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、チュートリアル・徳井義実、次長課長・井上聡に続く4人目の殿堂入りとなった。

 人差し指を立てて「No.1」と吠えた藤原は「連覇できないと、老いて朽ちるだけだった。殿堂入りできてスッキリ」と安堵の表情。同じく“王者防衛”のプレッシャーから解放された家城もどこかすっきりした表情をみせ「1年目に選んでもらった時はブサイクで逮捕されたかと思ったけど、刑期を終えたよう。解放されたようです」と心境を語った。

 晴れやかな表情の二人とは裏腹に隅田の顔から笑みは消え失せた。2位に7.5倍の差をつけてしまうぶっちぎりの結果に隅田は「いろんな意味でびっくり。ここに来ると笑えません」と肩を落とし「今年中には結婚します! 予定ないけど、わからないじゃないですか!」と、女性初の殿堂入り阻止を誓っていた。

 隅田の「豚にしか見えない」という野次を涼しい顔で受け流した相方・馬場園は「どういう基準で選んでもらったのか…」と謙そん。現在、お笑いコンビ・Wエンジンのチャンカワイと交際中とあって「恋のおかげ?」と質問が飛ぶと「えぇ。二人の恋はエンジンかっけっぱなしです」とのろけまくっていた。

 「男前」上位には、昨年2位のハイキングウォーキング・松田洋昌、3位のしずる・村上純を抑え、新たに大ブレイク中のピース・綾部祐二が2位、ロザン・菅広文が3位にランクイン。藤原の相方・井本貴史も、ポロシャツが似合う芸人に贈られるTOROY特別賞を受賞した。

 一方、「べっぴん」の2位は昨年同様にエヴァ芸人としてもお馴染みの桜 稲垣早希にランクイン。昨年女王の友近は3位に後退し「好きな人を作るのは大事。恋をすると、1位になれるかな」とひそかに返り咲きを狙い、意中の存在を聞かれると「自然と優しい笑顔になってしまう相手がいます」と思わせぶりな発言で期待を持たせた。また特別賞として井本のほか、「やせたら男前で賞」にハイキングウォーキング・鈴木Q太郎、ユニークキャラクター賞に楽しんごが選出された。

 今年の結果は、ハガキ、吉本の各劇場、ケータイサイトでのアンケートに基づいて作成。同誌4月号では、同調査をもとに「抱かれたい芸人」、「抱かれたくない芸人」などのランキングも発表されている。

■男前1位:ライセンス・藤原一裕、2位:綾部祐二(ピース)、3位:菅広文(ロザン)
■べっぴん1位:馬場園梓(アジアン)、2位:桜・稲垣早希、3位:友近
■ブサイク1位:家城啓之(カリカ) ■ぶちゃいく1位:隅田美保(アジアン)
■やせたら男前で賞:ハイキングウォーキング・鈴木Q太郎
■ユニークキャラクター賞:楽しんご
■TOROY特別賞:ライセンス・井本貴史


<ランキング表>2011年 よしもと男前&べっぴん芸人 顔写真付きランキング表

<インタビュー>男前&ブサイクV3の2人に密着!

◆関連ニュース一覧 よしもと芸人お笑い



関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube