松坂桃李、デビュー2年で渋谷の顔に 109MEN’S初代イメージキャラに抜てき

109MEN’Sのイメージキャラクターに起用された松坂桃李 

[拡大写真]

109MEN’Sのイメージキャラクターに起用された松坂桃李 
 俳優の松坂桃李(22)が、きょう1日より東京・渋谷の109MEN’Sのイメージキャラクターに起用されている。1987年より「109-2」だった同館が今月18日よりメンズ館にリニューアルするのに伴い、松坂の「フレッシュなイメージとメジャー感が、今期のテーマでもある『男のリアルクローズ』をマッチさせられる」と関係者の目に止まり、デビュー2年目にして“渋谷の顔”に抜てきされた。

 流行発信地・渋谷の代名詞ともいえる「109」の男性版。その最初のイメージキャラクターとして、1年間を通じてのイメージキャラクターに起用された松坂は「実際、109で買い物をしている男子ってファッション感度の高い人という気がしていたので、最初聞いた時は戸惑ったし、マネージャーには大丈夫ですか?と聞き直してしまいました」と驚きを隠せなかったという。

 2009年に『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)でデビュー以来、ドラマや舞台と俳優として幅広く活動する松坂だが、「自分はファッション誌のモデルとしてこの世界に入ったので、今回のようなファッションに関わる仕事で、しかも渋谷で大きなポスターになる、ということは二重に嬉しいです」と実は大喜びだ。

 今回、高さ17.5m、幅3.6mの巨大壁面に登場するだけでなく館内の約30ヶ所にポスター等が掲出される。きょう1日の時点では謎めいた表情のままだが、オープン日の18日からは正面を向いたポスターに変身。「僕も暇ができたら、こっそり遊びに行きたいと思います」と松坂、新たなファッションシンボルとして関係者の鼻息は荒い。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube