香里奈、悩める女性に「頼ってもいいんじゃない」とメッセージ

『イブA錠』のCMに出演する香里奈 

[拡大写真]

『イブA錠』のCMに出演する香里奈 
 女優の香里奈が解熱鎮痛薬『イブA錠』(指定第2類医薬品・エスエス製薬)のイメージキャラクターに起用され、新CMに出演することが23日、わかった。女の子の“憧れの先輩”として登場する香里奈は、頭痛や生理痛に悩みながらも勉強や仕事を頑張る女性たちに「頼ってもいいんじゃない、痛いときぐらい」とメッセージを送っている。

   同CMシリーズ「教えて!イブA先輩!」には香里奈のほか、タレントでコラムニストのマツコ・デラックスとモデルのマリエが出演。「私が生理痛のこと言うのも何なんだけどね」というマツコと、「我慢している時間、もったいなくない?」というマリエも、同薬の“小粒で使用しやすい”という特徴をアピールする。

 香里奈の出演する新CM「教えて!イブA先輩!“香里奈先輩”(イブプロフェン)篇」は23日より放送開始。「同・頼ってもいいんじゃない篇」は、「“マリエ先輩”篇」、「“マツコ先輩”篇」とともに4月以降放送開始予定。

 なお同社は、東日本大震災の被災者にむけ、日本OTC医薬品協会を通じて外用消炎鎮痛剤、総合感冒薬など合計44万パッケージ分を提供。ミネラルウオーターを2万本、全身倦怠に効果を発揮する医薬品『ハイチオールC』シリーズを約1万個提供する予定(25日に被災地に到着予定)。また、ベーリンガーインゲルハイムグループとしては、義援金1億円を日本赤十字社を通じて寄付している。




関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube