ハイキングウォーキング・Q太郎、13.3kgの減量に成功! 「嫁が優しくなった」

『DHCダイエットアワード2011』スペシャルモニターとして約5ヶ月で13.3kgの減量に成功したハイキングウォーキング・鈴木Q太郎 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

『DHCダイエットアワード2011』スペシャルモニターとして約5ヶ月で13.3kgの減量に成功したハイキングウォーキング・鈴木Q太郎 (C)ORICON DD inc. 
 お笑いコンビ・ハイキングウォーキング が9日、都内で行われた『DHCダイエットアワード2011』のグランプリ大会に出席した。スペシャルモニターとして、一般出場者と同じくダイエットに励んだ鈴木Q太郎 は、体重82.5kgから約5ヶ月で13.3kgの減量に成功。堂々のウォーキングを披露し、「餃子の王将と焼肉屋の前を歩くときは辛かった。嫁が大喜びで、スリムになってホレ直してくれたし、優しくなった」と喜びを爆発させた。

 体重はマイナス13.3kgの69.2kg、体脂肪はマイナス5%の19.8%、ウエストはマイナス20.5cmの80cmと別人のように生まれ変わったQ太郎は、「前に『アナタが入るサイズのパンツはありません』と言った店にパンツを買いに行きます!」と、してやったりの表情。女性ファンも増えたといい、「街ゆく年配の方に『Qちゃん素敵!』って言われるようになった」と胸を張った。また相方・松田洋昌 も3.5kg減量し、イケメンぶりを加速させていた。

 初代スペシャルモニターを友近が務めた同アワード。今年は元モーニング娘。の中澤裕子 とハイキングウォーキングが起用された。約2ヶ月半で6.8kgのダイエットに成功した中澤はビデオメッセージで「痩せたことによって何年かぶりにグラビアのお仕事が来て、自信をもってカメラの前に立てました」とコメント。またファイナリストたちを「よく頑張ったね〜!! 本当におめでとうございます!」とねぎらった。

 この日は6911通の応募のなかから選ばれた15名がファイナリストとして登場し、千葉県の大川順子さん(39)がグランプリを獲得。ドン小西 、叶美香 、吉田秀彦 、藤崎奈々子 がゲスト審査員を務めた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube