相武紗季、“おデブ”姿を初公開「お肉の厚みで太い声に」

【場面写真】ダイエットを決意する大場信子(相武紗季) 

[拡大写真]

【場面写真】ダイエットを決意する大場信子(相武紗季) 
 女優の相武紗季が、27日よりスタートする新ドラマ『リバウンド』(水曜 後10時〜 日本テレビ系)で、劇中特殊メイクによって変身する78kgの“おデブ”姿を初披露した。2月中旬から身体の型取りなどを始め、実際の特殊メイクに要する時間は約2時間。初の特殊メイク、そして太った自分に相武は「喉にあたるお肉の厚みで声帯が押されるのか、太い声になるのです。ちょっと、自分でもびっくり」と驚いている。

 小中高と一貫しておデブキャラを通してきた主人公が、仕事や恋愛を通じて心身ともに贅肉をそぎ落としていくハートフルなヒューマンドラマ。相武は、マックスの体型78kgを含め3パターンの“おデブ”姿で出演する。実際に特殊メイクに挑んだ相武は「想像していたより身動きがとれなくて。ちょっと不安になりました。そして、肌にもけっこう負担がありました。陸上でウェットスーツを着ているような感じで皮膚呼吸が出来ないような状態」と、苦しい撮影を振り返る。

 しかし、一方では自分の特殊メイク姿を写真付きメールで実母に送信。「『もうちょっと頑張れば母に似るかも』と返事が来ました。母はちょっとぽっちゃり系です(笑)」と、ほのぼのとしたエピソードも告白している。

 主人公の学生時代からの親友役に栗山千明、ダイエットをするきっかけとなった大学生時代の元・恋人役に勝地涼、そして社会人となり新たな恋を予感させる相手のパティシエ役にはプライベートでも“料理男子”として本を発表している俳優・ 速水もこみち。このほか勤務先の出版社の編集長に若村麻由美、雑誌のファッションモデル役には現役モデルの西山茉希が決定している。

 4月クールの新ドラマを対象に行った『春のドラマ期待度ランキング』(4月12日発表・オリコン調べ)では人気ドラマの続編が上位を占めるなか4位につけ、新作としてはトップの支持を得た同作。ダイエットを軸とした作品だけに、“痩せる=美しい”ではなく、贅肉がつきやすいのは一体どこなのか? 本当に美しいという意味はどこにあるのかなど、女性視聴者の関心を集める作品となりそうだ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube