山本梓、30代もグラビア継続を宣言 「いつまでもかわいく」

山本梓(C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

山本梓(C)ORICON DD inc. 
 芸能活動10周年を迎えたグラビアアイドル・山本梓(30)が7日、都内での最新写真集『As One』発売記念イベント前に報道陣のインタビューに応じた。30歳になり「しっかりしなきゃと思った。周りも婚活を始めていて、そういう世代なんだな」と実感したという山本は「どうなるかわかりませんが、35歳までには…」と結婚願望を吐露。仕事面については「これからもずっとグラビアをやっていきたい。ほしのあきちゃんみたいに、いつまでもかわいくいたいですね」と“グラビア継続”を力強く宣言した。

 これまでの10年を総括し「一番楽しかったことも、苦しかったこともグラビア」と振り返った山本は、30歳の誕生日もほしの、熊田曜子らと過ごしたようで「やっぱり、こういうときはグラビア仲間が一番かな」とグラビアの存在が自分の中で大きいことを再確認した様子。今後の展望については「着たことのない変わった衣装を着て、いろんな場所で撮影してみたいです」と語り、笑顔をのぞかせた。

 同写真集は、今年1月にスペインのリゾート地・マラガで撮影。プライベートのオフショットから、トップレスのバックショットなど“限界露出”にも挑戦している。撮影前に胃潰瘍を患ったという山本だが「そのせいで、すごく痩せてるんですよ!」と掲載写真をアピール。また現地では、スタイリスト、カメラマンが相次いで発熱したようで「みんなでスペインの病院で、大きい注射をお尻に刺されたのが印象的でした」と珍エピソードを明かし、報道陣を笑わせた。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube