上原美優さんの自叙伝に同世代から強い関心〜ワンコインで文庫化決定

2009年に発売された単行本『10人兄弟貧乏アイドル☆ ―私、イケナイ少女だったんでしょうか?』(ポプラ社) 

[拡大写真]

2009年に発売された単行本『10人兄弟貧乏アイドル☆ ―私、イケナイ少女だったんでしょうか?』(ポプラ社) 
 先月12日に、24歳という若さで自ら命を絶ったタレント・上原美優さんが2009年に書き下ろした自叙伝『10人兄弟貧乏アイドル☆ ―私、イケナイ少女だったんでしょうか?』(ポプラ社)が、今月24日に文庫本として緊急発売される。同書は現在品切れ中で重版の予定はなかったが、訃報を受けて同社に10代、20代の購入希望者から問い合わせが殺到したといい、「一人でも多くの若い人たちに、命の大切さを考えてほしい」と、単行本の重版ではなくワンコイン・500円での文庫化が決まった。

 愛くるしい顔立ちと“明るい大家族貧乏トーク”で話題を集めた上原さんが自叙伝に綴った半生は、既存のイメージを覆す壮絶な日々。貧乏が招いた不登校やいじめ、非行。さらに地元・鹿児島県の種子島を離れ、上京後に就いたキャバクラでの仕事や、精神不安定による薬物自殺未遂など、笑顔の下に隠れていたその素顔は、目を背けたくなるほど苦しいものだった。

 そんな上原さんが自らの過去を語った理由は、同情を引くためでもなければ“話題作りの暴露本”でもなかった。あとがきには「独りという孤独感に苦しんでいる方、大切な人を失った方に、何かを伝えることができたら嬉しい」と彼女の真意が明かされており、発売イベントでは「今、一人だったり(孤独を)感じている人へ宛てたメッセージになればいい」と語っていた。

 大家族で育ったからこそ実感した“家族への感謝”を綴った同書。この文庫化には「ひたむきに生きた24年。尊い命を、これ以上失わないために」と、上原さんの意思を引き継いだ、編集者たちの願いが込められている。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube