今年の水着トレンドは花柄からペイズリー柄へ 単品アイテムもさらに充実

今年の水着はカラフル、ペイズリー柄が人気(写真は2011年東レ水着キャンペーンガールの西田有沙) 

[拡大写真]

今年の水着はカラフル、ペイズリー柄が人気(写真は2011年東レ水着キャンペーンガールの西田有沙) 
 西日本や関東地方は例年より早い梅雨入りを迎えたが、各店では盛夏に向けて水着販売が堅調だ。東京・渋谷パルコの水着売り場でもゴールデンウィーク頃から例年どおりの客足を見せている。今年の水着の流行はペイズリー柄やチューブトップタイプの「バンドゥービキニ」、前から見るとワンピースだが後ろから見るとビキニに見える「モノキニ」など。また、繊維メーカーの東レは今年のトレンドとしてカラフルな“マルチカラー”と“単品アイテム”の充実を挙げている。

 バブル期に人気を集めたペイズリー柄が復権を果たした。パルコによると、2008年に流行した極小の花柄を敷き詰めた“リバティプリント”から昨年までは花柄が一番人気だったが、今年の水着は「今夏のファッショントレンドであるボヘミアンやエスニックテイストの流れを汲んだペイズリー柄が人気」だという。

 水着の主流がビキニになった一方で、“大人系・セクシー系”というイメージになっていたワンピース型水着は今年、「モノキニ」のバリエーションが豊富に。東レは「素材も柔らかくゆったりとしたデザインが今までと違い新鮮」と、新しいデザイン&イメージのモノキニ登場を指摘する。

 水着のスタイルアップ効果もさらに進化。ブラジャーを2枚重ねたような“ダブルカップ”はバストアップ効果やカップの横から肉がはみ出ない機能が加わっているほか、胸をキレイに整えウエストを細く見せるビスチェタイプも登場。また、キャミソールやスカート、パンツなどがついたセット商品も根強い人気を集めているが、今年は新たにガウンも展開されるなど、水着姿をキレイ&オシャレに見せるアイテムが多数発売されている。

 東レによると、2010年の女性用レジャー水着素材商戦は景気の低迷や百貨店の不振などで当初は苦戦を強いられていたものの、7月半ばからの猛暑と長引いた残暑により前年対比100%だったという。繊維メーカー、小売店各社は今年もさまざまな素材やデザインを用意し、盛夏に向けてアピールしていく。

◆各社の水着キャンペーンモデルをチェック!
【東レ】西田有沙
【三愛】北川富紀子
【パルコ】安田聖愛


◆関連ニュース ファッショングラビアモデル


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube