AKB48・前田敦子が『an・an』で美容論を語る 単独表紙で“艶ボディ”も披露

雑誌『an・an』(6/22発売号)のダイエット特集で理想の“艶ボディ”を披露する前田敦子 

[拡大写真]

雑誌『an・an』(6/22発売号)のダイエット特集で理想の“艶ボディ”を披露する前田敦子 
 先日行われた「第3回 AKB48選抜総選挙」で見事に首位奪還を果たしたAKB48・前田敦子が、22日発売の雑誌『an・an』(マガジンハウス)の単独表紙を飾るとともに、グラビア全7ページで見事な肢体を披露している。ソロでの登場となった今回は、普段のアイドルとしてのイメージから一転。来月20歳を迎える前田は黒いレースのショートパンツ姿でシーツに横たわっており、そのアンニュイな表情からは色気が漂う。インタビューでは「自分のキャラクターに合った体型がある」と語り、母親の手料理や岩盤浴など独自の美容論も明かしている。

 前田が同誌の表紙を飾るのは、昨年8月にメンバー・大島優子、小嶋陽菜、板野友美と4人で登場して以来となる。夏目前のダイエット特集を展開する同誌から、20代女性の読者層にとって最もリアルな「理想のカラダ」の持ち主としてオファーが届いた前田は、ショートパンツ姿や背中を大胆に見せるクロスワンピにへそ出しTシャツなど露出の高い衣装で応える形となった。

 つい最近までは“痩せる=美しい”と考えていたという前田だが、今は「女性に共感してもらえる、メリハリあるしなやかな感じが理想」とボディメイクへの心境の変化を語る。またスタッフが「特に腰から足にかけての美しさは、うっとりするほどでした」というほどの、きゅっと締まったくびれから細すぎない脚の付け根のラインや、触れたくなる透明な肌など“前田敦子の完璧「艶ボディ」”も披露。“AKB”の殻を脱ぎ捨てた大人の女性としての彼女の表情に新たな発見がある。

 今年2月には優木まおみ、09年には黒木メイサ、吉瀬美智子など旬の女優たちが、同性のボディメイクを応援するべく美しい“大人のカラダ”を披露してきた同誌のダイエット企画。今回の特集では、トップアイドル・AKB48のエースという重圧を担いながらも誰よりも自分に厳しくあり続け、結果を出してきた前田のさらなる魅力が開花したといえそうだ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事