AKB48大島、選抜2位転落も「落ちて気楽になった」

1stフォトブック『優子』の発売記念イベントを行ったAKB48・大島優子 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

1stフォトブック『優子』の発売記念イベントを行ったAKB48・大島優子 (C)ORICON DD inc. 
 人気グループ・AKB48の大島優子(22)が21日、都内で1stフォトブック『優子』の発売記念イベントを行った。先日の選抜総選挙で前田敦子に首位を明け渡した大島は終演後に舞台裏で悔し泣きしたといい、それでも「あっちゃんになら1位を任せられると思って、託すぞ!」と気持ちを切り替えたという。さらに「落ちて気楽になったので、今年の私はのびのび自由に。気楽にやらせていただきます」と、重圧から解放された本音ものぞかせた。

 総選挙後、前田のあいさつ後に交わした抱擁は「あっちゃんは去年1年、いろんな気持ちを抱えてやってきたと思う。それを乗り越えての1位だから、任せられる」という心境だったという。自ら壇上で伝えた「票数は皆さんの愛」というメッセージにも「まさにそのとおり。一人何票でも、入れてくれた事自体が愛のかたちだと思っています」と呼びかけた。

 自身初のフォトブックでは「普段見せることのない顔を見せてしまった」という、故郷・栃木や沖縄、東京での撮り下ろしグラビアのほか、2万字インタビューで自身の半生を赤裸々に語った。さらに総合プロデューサーの秋元康氏、AKB48メンバーの高橋みなみのほか、「『苦』を見せないところだったり、本当に尊敬する人。デートもたくさんします」という、最愛の父親との特別対談を収録している。

 この日の握手会には1500人ものファンが集結。人気絶頂のなか、大島は「名前が一人歩きしないように、実力も伴うように歩いていきたい」と冷静にコメント。個々での活動も増えているなか、大島自身は「制服が着られる限りはAKB48にいたい。まりちゃん(篠田麻里子)が25歳でまだ着られているので、それくらいまでは頑張りたいです」と意欲的に話していた。

◆AKB関連ニュース一覧 あっちゃんの艶ボディ、こじはるの下着姿など“Sexy”ショット満載


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube