中谷美紀、プラチナの輝きに負けず「自分磨きに努めたい」

『第3回 プラチナ・ミューズ』を受賞した中谷美紀 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

『第3回 プラチナ・ミューズ』を受賞した中谷美紀 (C)ORICON DD inc. 
 女優の中谷美紀(35)が“プラチナのようにいつの時代にも光り輝くワーキング・ウーマン”として『第3回 プラチナ・ミューズ』を受賞し14日、都内で行われた授賞式に出席した。トロフィーとオリジナルデザインのプラチナネックレスを贈呈された中谷は「たいへんエレガントな賞をいただいて光栄です」とニッコリ。自身の胸元で光り輝くジュエリーを眺め「プラチナのように輝き続けられるように、私も自分磨きに努めていきたいと思います」と微笑んだ。

 プラチナ・ギルド・インターナショナルが、働く女性を対象とした雑誌『Domani』(小学館)とコラボレーションして設立した同授賞式は今年で3回目の開催。中谷は日本のみならず海外でも活躍する女優業のほか、インドでの一人旅をまとめた旅行記やエッセイの執筆など多岐に渡る活動が世代を超えて女性に支持されているとして受賞した。

 ジュエリーが映える黒のワンピース風パンツで登場した中谷は「年齢とともに肌の輝きは減っていくものなのかもしれないですけど、プラチナをつけることで自分自身の輝きが増すといいなと思います」。9月にはカナダ・モントリオールで初舞台『猟銃』の初演を控えており、「役を演じるときも年齢を理由に諦めるのではなく、常に新鮮な気持ちで挑戦し続けていきたい」と気を引き締めていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事