TOP Trend-Culture Trend > 梨花スペシャルインタビュー

梨花スペシャルインタビュー

梨花スペシャルインタビュー
 モデルの梨花さんが、40歳の節目を迎えモデル人生最終章への決意を込めた最新本『NO.22』を28日に発売する。これまでのモデル人生とプライベート。20代、30代と歩んできた中でどんな思いがあったのか、これから先はどう考えているのかなど、色々お話を伺いました。

人生の“整理整頓”が大切

──モデル人生22年をまとめた『NO.22』を発売するそうですが、これまでで印象に残っている写真はありますか?

【梨花】自分にとって節目と思う時期に撮影した写真が、特に印象に残っています。私はいわゆる赤文字系モデルだったんですが、卒業して次にこうしたいと思っていても、なかなかたどりつかない空白の5年間の時期に撮影している写真とか、30代に突入したときのものなどですね。

──その仕事が減少した20代後半の「空白の5年間」はどんなことを感じながら過ごしていたのでしょうか?

【梨花】20代までは、仕事していても向いてない、と思う感じだったんだよね。25歳のときに赤文字系モデルを卒業して、28歳のときにはもうお仕事がなくなって。「ああ終わったな」って思っていたんですよね。でも、この先どうするの? って思ったときに、嫌だったけれど、当たり前のことをていねいにやることしかなくて。まだ20代だったから、それがすごく物足りないし「そんなことで人生変わるわけない」とか思っていたんだけど。でも今はその大事さがすごくよく分かる。今でもくすぶっているなと思った時は、率先して日常の当り前のことをやった方がいい、と思うようになりましたね。

──そのあと30代になるとモデルとしてのお仕事が多くなっていきましたよね。今、振り返ってみて、30代になったらやっておいた方がいいと思うことはなんだと思いますか?

【梨花】整理整頓! 人生設計とか今の状況を整理することが大事なのかなと思っています。自分自身と向き合って「それは本当に必要か」、「今、自分にとっての一番は何か?」って考えてほかは全部削ぎ落とすんです。人間って、削ぎ落とすことでいったん自分が落ち着けるしね。10代や20代はありとあらゆることをやってみて、30代くらいからは整理整頓しながら前に進むことが必要なのかなと思います。

40歳からは正直キツイ。でもだから頑張れるのかも

【梨花】30代までは「モデルとしてどうなっていたい」とか思っていたけど、40歳になってからは「こういう女性になりたい」って気持ちが強くなってきて。そうしたら日常の色々なことに興味が出てきて、余計に忙しくなってきちゃったんだけど。40歳になってからは“新しいアルバム”を買ってきて1ページ目を作業している気分ですっごく楽しいの。なんで40歳でこんなに楽しいスイッチが入っているんだろうとか、すごい不思議なんだけど嬉しい。『丁寧にきちんと生きたい』と思っているし、20代、30代よりも好奇心旺盛で、いつもハッピーでいられるスイッチをみつけるようにしています。

──これから先、目標にしているものはありますか。

【梨花】50歳になったとき、可愛らしさは持ち続けていながらもカッコイイ女性になりたいですね。例えばベリーショートにしてパールのピアスが似合っているような人。「大人カワイイ」とかを経験させてもらってきて思うのは、カワイイは今でも好きなんだけど、あまり可愛らしくありたいと思い続けてしまうと、ネガティブな感情が出てしまうことがあるような気がしていて(笑)。このままだと、自分の強みだったり自信だったりっていうのがなくなっちゃうと思ったから、これからは今まで頑張ってきたこととか、これまで積み上げてきた経験も含めてその人の味になるような、カッコよく見えるような女性になりたいですね。「カッコイイ」ってシワとか風格とか、いろんなことが「カッコイイ」と思えるので、そんな女性になれたらいいなと思います。

→2ページ目「書籍『NO.22』について」へ

☆関連ニュース☆

梨花、写真集限定カバーで美尻をチラ見せ (14年05月13日)
モデル人生最終章へ 梨花、40歳の節目を飾るスペシャルブック (14年04月11日)
梨花、第3のモデル人生到来に驚き「ありがたい!」 (14年03月15日)
梨花、『Sweet』卒業式で感無量「モデル人生の青春」 (14年03月15日)
梨花、人気雑誌『sweet』卒業 40代向け雑誌のメインモデルに! (14年03月12日)

1 2 >

シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube