TOP Trend-Culture Trend > 気になるスパに行ってみたい「スパ&ウエルネスウィーク」

気になるスパに行ってみたい「スパ&ウエルネスウィーク」

気になるスパに行ってみたい「スパ&ウエルネスウィーク」
春までにイキイキとしたお肌と髪になりたい!という方は、スペシャリストによる美と健康のケアを受けられるスパはいかが? ちょっとお得なスパメニューを受けられる『スパ&ウエルネスウィーク』が、全国約90施設で3月15日まで実施中! ぜひこのチャンスを生かして、美を磨いて!
(文/小野アムスデン道子)

スパ&ウェルネスウィークって?

 「スパを利用して、美と健康を守る習慣をつけてもらうきっかけに」と、スパ施設が特別メニューを提供するスパ&ウエルネスウィーク。リーズナブルにさまざまなスパが利用できるとあって、ファンにはたまらない同イベント。スパ先進国の米国では、ニューヨークをはじめ30州で開催されているほか、一昨年からはブラジルでも実施されるなど、世界的な広がりを見せています。

 日本での開催は今年で3回目。全国約90のスパ施設が参加しています。3月15日(日)までの期間中、各参加施設が5000円、1万円、1万5000円(すべて税込)いずれかの料金で限定メニューを提供。「手頃な価格で受けられるのがありがたい」「料金がはっきりしているので安心して予約できる」と好評です。

 スパユーザーの投票によって選出される『クリスタルアワード』のトップ10に選ばれたスパや有名ホテルスパも参加している同イベント。ちょっと敷居が高いと感じていたお店や気になる施設に訪れるチャンスなんです!

スペシャルなヘッドセラピーを試してみました!


専門家も太鼓判!なサロンで頭皮ケアを
 ヘアや頭皮のスペシャル・ケアとなると、なかなか受ける機会が少ないもの。そこで、スパ業界の専門家が選ぶ「クリスタルアワード・プロフェッショナル」のコンセプト賞も受賞した「uka」で、頭皮ケアに重点を置いた「ジョジョアンヌロール」というスペシャル・ケアを体験してみました!
エッセンシャルオイルの香りと手技にウットリ…
 気になるヘアや頭皮の悩みなどのカウンセリングを受けて、個室での施術に入ります。スコープで撮影された自分の頭皮の汚れをチェックしたら、植物の生命力が一番高いとされる朝一番に採取&加工したエッセンシャルオイルでヘッドマッサージ。香りの良さと頭、肩、首としっかり揉みほぐしてくれる手技にウットリ。この段階でも、髪を触るとスッと手ぐしが通る感触のよさ。
髪も頭皮もすっかり美しく!
 その後、シャンプーとトリートメントの間に美容液もつけて、丁寧に洗ってから、ブローをしてくれます。最後に頭皮をスコープで再度チェックすると汚れがとれて、すっかりキレイに。軽くブラシをかけただけのブローなのに、髪はサラサラです。こちらのコース、いつもは「70分1万1000円(税抜)〜」ですが、スパ&ウエルネスウィークの期間中は「1万円(同)」の定額に。
【取材したお店】uka広尾店
東京都港区南麻布4-1-29 広尾ガーデン 2F
公式Webサイト:http://www.uka.co.jp

 期間中、ukaではほかにも、ウカスカルプクレンジング『Deep & Light』を使用したマッサージとシャンプーで、頭皮を毛穴からきれいにするヘッドスパ「ABBA 60分 5000円(税込)」も提供しています(対応店舗/東京ミッドタウン店、丸の内KITTE店、広尾店)。

ほかにも気になるスパ多数! プレゼント企画も…


 そのほかにも『クリスタルアワード』の「トップ・スパ賞」を受賞し、パリ以外で唯一のYON-KA直営店である「レスパス ヨンカ表参道」をはじめ、ホテルスパ、リゾートスパ、デイスパ、温浴スパ、温泉旅館スパ、ビューティサロンといろいろなスパが参加している同企画。公式Webサイトには、すべての参加スパとメニューが紹介されているので、お目当てのスパを探してみるといいかも。

 さらに、参加施設を利用した後、公式Webサイトにあるアンケートに回答した人の中から、抽選で100名にスパ利用招待チケットが当たるプレゼント企画も(3月21日締切)。オトクにスパを楽しんで、さらにおまけまでもらえちゃうかもしれないんです。スパ好きになたまらない貴重なイベント、ぜひ楽しんで! 
【Spa & Wellness Week 2015】
期間:3月15日(日)まで
公式Webサイト:http://spaweek.jp/
公式Facebook: https://www.facebook.com/spaweek.japan
シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube