TOP Trend-Culture Trend > 【Brilliant Woman】小雪、歳を重ねて感じたココロの変化

【Brilliant Woman】小雪、歳を重ねて感じたココロの変化

【Brilliant Woman】小雪、歳を重ねて感じたココロの変化

今年7月に第3子となる男の子を出産した女優の小雪さんが、映画『杉原千畝 スギハラチウネ』(2015年12月5日公開)でスクリーンに復帰。第2次世界大戦中に多くのユダヤ難民の命を救った外交官・杉原千畝さんの半生を描いた同作で、小雪さんはプライベートと同様に妻であり、3人の子の母である幸子役を好演。そこで、映画の裏側はもちろん、良好な夫婦や親子関係を築くための小雪さん流のコミュニケーションや、歳を重ねることで感じた気持ちの変化について伺いました。

夫婦2人だけで出かける時間を作っています


――第二次世界大戦中、多くのユダヤ難民の命を救った杉原千畝(唐沢寿明)の妻・幸子さんを演じた本作。演じる上で準備されたことはありますか?
【小雪】 オファーをいただいてから、幸子さんの著書を読みました。幸子さんはすごく明るい方で、千畝さんが赴任するいろんな国の言葉を覚えて、社交の場に積極的に出ていたようですね。また、短歌を書かれたりと趣味も多くて。そういう人が奥さんだったからこそ、きっと千畝さんも家庭を持ちながら大きな仕事ができたんじゃないかと思いました。2人の間にソウルメイトのような絆を感じたので、映画でもそういう関係性をちゃんと出せればいいなと思いながら演じました。

――千畝さんが大きな決断をする時、いつもは控えめな幸子さんが、温かい言葉で夫の背中を押すシーンが印象的でした。
【小雪】 千畝さんは外交官ですけど、政治的な諜報活動(情報を密かに探って知らせること)をする任務もあったので、家族にも言えないことがあったと思うんです。幸子さんもそれを分かっていたし、自分たちもいつ狙われてもおかしくないっていう気持ちがあったはず。そんななかでも、夫の行動を後押ししようと思えたのは、旦那さんに尊敬と誇りがあったからなんじゃないかなって思います。

――撮影はポーランドで行われたそうですが、何か思い出深いエピソードはありますか?
【小雪】 2ヶ月くらい滞在したんですけど、すごく自然が豊かで幻想的で、“私、ここに住めるかも”って思うくらい気に入りました。骨董市やショパンのミュージアムにも行ったりして、すっかり堪能させてもらいました(笑)。

――実生活と同じく3人の子の母親役でもありましたが、子役の子たちとの共演はどうでしたか?
【小雪】 子役の子たちは実生活でも兄弟だったので、本当に仲が良くて。リアルなシーンが撮れたと思います。その子たちのお母さんも現場にいらしていたんですけど、私と同い年だったので仲良くなって、今でも時々メールしているんですよ。「お元気ですか」とか「今度子どもたちと一緒に遊んでください」とか、普通のお母さんトークを(笑)。
唐沢寿明演じる千畝を献身的に支える妻・幸子を好演

――映画では夫と子どもを支える良き妻を演じた小雪さんですが、ご自身はご主人とどんな関係でいたいと思っていますか?
【小雪】 正解がないから難しいですよね(笑)。でも、男の人は基本、奥さんにはお母さんじゃなくて女性でいてほしいと思うんです。女性として、自分の話を聞いてほしいし、立ててほしい。“自分は大切にされている”っていう自尊心が必要なんじゃないかな。

――“パパ”としてではなく、夫として接するということですよね。
【小雪】 そうできるように、2人だけで出かける時間を作ったりして、できるだけ夫婦のコミュニケーションを取っています。家族っていうのは“チーム”だけど、その中にいると「誰かがこう言ったから自分はこう言った方が良いんじゃないか?」って、みんな無意識にバランスを取るでしょ? それって本当の気持ちとは裏腹だったりするから、夫とも子どもたちとも、個々に話すことが大事なのかなって。だから、なるべく子どもたちひとり1人との時間を作り出かけるようにしています。あとは、仕事場時々に連れて行って“こういう仕事をしているんだよ”っていうのを見せてあげたりもしていますね。

1 2 >

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事