TOP Trend-Culture Trend > 【Brilliant Woman】栗山千明 独特の存在感を放つクールビューティーの素顔

【Brilliant Woman】栗山千明 独特の存在感を放つクールビューティーの素顔

【Brilliant Woman】栗山千明 独特の存在感を放つクールビューティーの素顔
昨年はドラマ『不機嫌な果実』で結婚6年目にして不倫をしてしまう妻役を演じ、今年は映画『無限の住人』で金髪美女剣士役に挑戦した栗山千明さん。今夏は放映開始から6年を迎える刑事ドラマ『遺留捜査』に初参加されます。クールビューティーの象徴とも称される独特の存在感で数多くの役を演じてきた栗山さんに、役に挑む姿勢や“あの名作”についてお話を伺いました。

お芝居も現場も、実は、今でも緊張してる

栗山千明
――これまで、色んな役に挑戦されていますが、役にはどんな想いで挑まれていますか?
【栗山千明】 さまざまな役を演じさせていただいていますが、実はまだお芝居を目一杯楽しむというよりは緊張することのほうが多いんです。なので、自分なりに役柄に誠実に向き合い、持ってるすべてで演じるように心がけています。今回の『遺留捜査』でも、人気シリーズへの参加とあってすごく緊張していて…。でも、出演者のみなさんが食事の機会を設けてくださって、打ち解けることができました。

――凛とした“クールビューティ”のイメージなので、緊張してしまうと聞いて驚きました。
【栗山千明】 みなさんにそう言われます(笑)。「芯」のある良い印象に見えているのならうれしいんですが、実は緊張で固まっているだけなんです。
――キャリアも実力もある栗山さんが緊張してしまう原因は何でしょう?
【栗山千明】 たしかにお仕事は長くさせていただいていますが、まだ自分に自信がないんです。それが緊張につながっていると分かっているので、もっと色んな経験を積みたいと思っています。良いことも悪いことも経験を重ねることで自信になりますよね? 年齢的には大人になりましたが、まだまだ成長が必要だと感じています。
――今回も緊張されていたとのことですが、人気シリーズに初参加される心境をお聞かせいただけますか?
【栗山千明】 刑事ドラマファンなので、イチ視聴者としての視点も意識しつつ“神崎莉緒”という人物を丁寧に演じられたらと思っています。このドラマは被害者の遺留品からその人の思いや事件の背景が見えてきます。事件に隠された人間模様に涙したり、遺留品が事件とどう関わっているのかという謎解きをしたり、人間ドラマと刑事ドラマの2つの要素が魅力になっていますが、初めてご覧になる方はもちろん、このドラマのファンの方にも“神崎莉緒”を受け入れてもらえたら嬉しいです。
栗山千明
――神崎莉緒は上川隆也さん演じる糸村刑事の相棒として活躍するそうですが、どんなキャラクターなのでしょうか?
【栗山千明】 とても真面目な刑事なので、風変わりな糸村刑事との良い対比になればと思っています。神崎莉緒は、事件を解決したいからこそ人一倍真面目に取り組んでいる女性。それが“ただの強い女性”になってしまってはいけないな、と思っています。犯罪に対して嫌悪感を抱きつつも、被害者の方への優しさも垣間見えるような人間味のあるキャラクターに映ればいいなと思います。

――このドラマに参加してみて気付かされたことはありますか?
【栗山千明】 遺留品は例え“もの”であっても、亡くなった方にとっては大事な思い出が詰まっています。人の思いが“もの”に宿るからこそ、このドラマのストーリーの軸ができていくんですよね。そう考えると、普段自分が何気なく使っている“もの”に対して、大事にしなきゃいけないなと改めて思うようになりました。

1 2 >

シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube