TOP Trend-Culture Trend > パン好き必食!「伝説のサンドイッチ」が食べられるトーストサンド専門店

パン好き必食!「伝説のサンドイッチ」が食べられるトーストサンド専門店

表参道駅から徒歩30秒の好立地にあるトーストサンドイッチ専門店「Toast Sandwich bamboo (トーストサンドイッチバンブー)」。実はここ、1977年に創業し、当時の若者に絶大な人気を誇った名店「サンドイッチハウス バンブー」が手がける新店です。40年の時を経て蘇る人気の復刻メニューのほか、フォトジェニックなサンドイッチもズラリ。パン好きなら一度は行くべき、いちおしカフェの魅力をご紹介します。

名店の味を継ぐ焼き立てサンド専門店

名店「サンドイッチハウスバンブー」は、かつて数々の雑誌でも紹介され、若者たちにとって憧れのスポットでした。2005年にはオシャレなイタリアンレストラン「表参道バンブー」として事業を変えますが、「当時のサンドイッチをもう一度食べたい!」という声も多く、40周年という節目にあたる今年に新店をオープンすることに。

こうして、鉄板で焼くこんがりトーストサンドイッチ専門店として、進化した焼きたてサンドイッチが生まれたそう!

店内に入るとカウンターには大きな鉄板。すぐ目の前でサンドイッチが焼かれる様子を見ることができます。

パンを焼く音が聞こえる店内

1枚1枚、丁寧に作られていく様子に思わずクギ付け。たっぷりのバター、それにザラメをほんのりとふりかけ、素材の味わいをジャマしない程度に甘さを加えるのがポイントなのだとか。トーストの焼ける芳ばしい香りが漂い、期待が高まります。

グリーンやシャンデリアなど、女性好みのインテリアもかわいいアクセントに。

定番サンドと伝説のサンド

トーストサンドイッチバンブーに来たら、まずはこれ!『Tsb定番サンド』(¥850)。選べる3つのメイン具材から、今回は富士豚のグリーンペッパーポークをチョイス。ほんのり甘くしっとりした食感で、店のスタッフからも大人気なのだとか。

美しい層を織り成す具材は、たまご、ニンジン、ピクルス、キャベツ、レタス、チェダーチーズと盛りだくさん。スパイスの風味良い自家製ケチャップソースがおいしく絡みます。

また、トーストのおいしさも格別! 鉄板で焼くことで、じっくりと熱が伝わってよりサクサクの食感に仕上がるそう。ぜひ、でき立ての温かさを味わってみて。

こちらは40年前の復刻メニュー『海老アボカド1977』(¥1080)。人気を博した当時のレシピそのままの味を堪能することができます。

驚いたのは、ガーリックでソテーされた海老のプリプリ食感。弾力があって、食べ応えバツグン!シャキシャキのレタスと一緒に歯ごたえ良くいただけます。トロトロのアボカドと辛子マヨネーズがクリーミーに包み込み、タイムとピンクペッパーの香りもさわやか。

時を超えて愛される、その味わいに納得の一品です。

このメニューもオススメ!

ブランチやおやつにもピッタリなのが、こちらの『ミルフィーユたまご』(¥550)。ふんわり柔らかな薄焼き卵のミルフィーユを、自家製オーロラソースとマスタードでサンド。

小腹が空いた時に嬉しい、優しい味わい。卵好きの方には特にオススメ。

手作りの『自家製ジンジャーエール』(¥400)は、甘さ控えめでピリッとスパイシーな大人の味わい。しっかりとしたジンジャー風味ながら、サンドイッチの味わいを邪魔せず、口の中をスッキリ爽やかに整えます。

砂糖や添加物を使用していないフルーツスムージー『フルーシュ(ストロベリーバナナ&グアバ)』(¥500)もオススメ。100%ストレート果汁の自然なおいしさが、フレッシュ野菜を使ったサンドイッチにマッチします。

トーストサンドイッチは日替わりメニューもあります。この冬には、チーズやホワイトソースを使用した寒い季節に嬉しいメニューも登場予定。ぜひ、チェックしてみてください。

Toast Sandwich bamboo( トーストサンドイッチバンブー)
【URL】 http://www.bamboo.co.jp/sandwich/
【住所】 東京都港区北青山3-5-23 NOI omotesando 1F
【電話】 03-6447-2922
【営業時間】 10:30〜22:30
【アクセス】 東京メトロ 表参道駅 A3出口徒歩30秒 /東京メトロ 明治神宮前(原宿)駅 5番出口徒歩10分

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube