TOP Trend-Culture Trend > 桐谷美玲 これまでも、これからも“ゴーイング・マイ・ウエイ”

桐谷美玲 これまでも、これからも“ゴーイング・マイ・ウエイ”

私服はシンプルでベーシックなモノトーンの服ばかり

――女性にとっては、美輝のファッションも、大きな見どころかと思うのですが。eltha世代の方が参考にしたり、真似できそうなポイントも、たくさんあるんじゃないでしょうか。
【桐谷美玲】 そうですね。今回、全部で47パターン(の衣装を)着ているんですが、最初に衣装の方向性を決めるとき、いかにも「THE政治家」みたいなスーツから、もっと女の子らしい可愛いものまでいろいろあった中、スタイリストさんと「ふわふわな感じよりは、スタイリッシュなほうが美輝らしいですよね」っていうお話をして。結果、ジャケットを着ていても、ハイウエストのスカートを履いていたり、トレンドもちゃんと取り入れたすごく可愛いコーデが多かったので、そんなところにも注目していただけたら嬉しいです。
――とくにお気に入りのコーデはありましたか?
【桐谷美玲】 どれも本当に可愛かったんですけど、一番美輝らしさを象徴してるなと思ったのは、勝負服として、選挙ポスターや、ちょっと印象的な行動をするときに着ていたピンクのワンピースですね。撮影中、着ている時間も長かったので、すごく印象に残っています。
――どの服もすごくおしゃれに着こなされていて、さすがだなと思いながら拝見したんですが、プライベートで、この冬、注目しているコーデや、入手ずみのお気に入りアイテムがあったら、ぜひ教えてください。
【桐谷美玲】 今季は、ベージュのグレンチェックのコートを真っ先に買い足して、よく着てますね。今気になってるのは、赤いアイテムかな。普段はモノトーン(の服を着ること)が多いので、クリスマスの時期には、赤をさし色にしたコーデがしたいなと思ってます。
――モノトーンがお好きなんですか? 
【桐谷美玲】 そうですね。私服はだいたい黒いです(笑)。雑誌とかのイメージで、ふわふわな可愛らしい服を着てるんじゃないかって思われがちなんですけど、ピンクの服とか、Aラインのスカートとか、可愛らしいものは1枚も持ってなくて。高校生くらいのときから大人っぽくなりたくて、シンプルでベーシックなモノトーンの服ばかり着てるんです。
――美輝が愛用しているブルガリのジュエリーもすごく素敵で、とくに「ビー・ゼロワン パーフェクト ミステイク」のエピソードは印象的だったんですが、身につけることで不思議と力がわいてくるジュエリーってありますよね。
【桐谷美玲】 私も5年くらい前、初めて自分のために買ったリングには、すごく思い入れがあって。わりと普段使いできるものなんですけど、今でも身に着けると、ちょっと頑張ろうみたいな気持ちになったりするんですよね。

外見はもちろん、内面からキレイな女性に憧れます

――女優、モデル、キャスターとお忙しい毎日を送っていらっしゃる中で、美しさを保つために努力していることはありますか?

【桐谷美玲】 頑張っているっていうほどではないんですが、最近、部屋の中の乾燥がひどいので、加湿と、スキンケアの保湿は、いつも以上に念入りにやってます。ほぼ毎日、シートパックしたり、アイクリームをたくさん塗ったり、保湿力のあるクリームで顔をマッサージしたり。
――そんな桐谷さんが理想とするのは、どんな女性ですか?
【桐谷美玲】 美輝が選挙を通じて内面から輝きを増していったように、外見だけじゃなく、内面からキレイな人に憧れますね。立ち姿が美しかったり、ひとつひとつの所作が女性らしかったりする人も、すごく素敵だなと思います。

2018年もこれまで通り、できることをマイペースでやっていきたい

――キャスターのお仕事も6年目になりますが、お芝居だったり、モデルとして表現することに影響することってあるんでしょうか?

【桐谷美玲】 
それぞれの仕事が全然別のものだと思っているので、直接的な影響があるわけじゃないんですけど…。でも、キャスターとして、いろんなことを経験したり、いろんな方のお話をうかがうことで、自分にない人格だったり考え方を知ることができるので、今回みたいに自分と全然違うキャラクターを演じるとき、プラスになっていることもあるんじゃないかなとは思ってます。
――最後に、2018年の抱負を教えていただけますか。
【桐谷美玲】 2017年を振り返ると、ドラマや映画以外にも、海外に行くお仕事があったり、プライベートな時間もいつもより多かったりと、公私ともに充実した年だったなって、すごく感じてますね。もともとガツガツしているタイプではないので、2018年もこれまで通り、できることをマイペースでやっていけたらいいなと思っています。


取材・文/今井洋子 撮影/徳永徹

INFORMATION
『リベンジgirl』(2017年12月23日公開)
東大首席でミスキャンパスグランプリながら性格ブスで大失恋! そんなヒロインが「恋のリベンジ」のために総理大臣を目指して奮闘するラブコメディー。メガホンは『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などの三木康一郎氏。次々と変わるキュートなファッションにも注目。

監督:三木康一郎
原作・脚本監修:吉田恵里香
脚本:おかざきさとこ
原作:清智英・吉田恵里香「リベンジgirl」(KADOKAWA刊)
キャスト:桐谷美玲、鈴木伸之、清原翔、馬場ふみか、竹内愛紗ほか

PROFILE

桐谷美玲(きりたに みれい) 女優・モデル。1989年12月16日生まれ、千葉県出身。2006年に映画『春の居場所』でデビュー。フジテレビ系ドラマ『好きな人がいること』、『人は見た目が100パーセント』、映画『君に届け』、『女子ーズ』、『ヒロイン失格』、日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』(キャスター)などに出演。

< 1 2

桐谷美玲 Photo Gallery

  • 桐谷美玲 撮影/徳永徹
  • 桐谷美玲 撮影/徳永徹
  • 桐谷美玲 撮影/徳永徹
  • 桐谷美玲 撮影/徳永徹
  • 桐谷美玲 撮影/徳永徹
  • 桐谷美玲 撮影/徳永徹
  • 桐谷美玲 撮影/徳永徹
  • 桐谷美玲 撮影/徳永徹
  • 桐谷美玲 撮影/徳永徹
  • 桐谷美玲 撮影/徳永徹

>> Photo Galleryをもっと見る

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube