ホーム 旅行&おでかけ > ゲレンデのお地蔵さんで安全祈願!長野「戸狩温泉スキー場」

ゲレンデのお地蔵さんで安全祈願!長野「戸狩温泉スキー場」

2021.01.05

長野県北部の「戸狩温泉スキー場」は新潟県との県境近くにある昔ながらのスキー場。3つのゲレンデから成る全18コースは初級から上級までバランスよく設けられ、非圧雪だったり、景観が抜群だったりと特徴がさまざま。ゲレンデ中央にはこの土地ならではのスキー地蔵が安置され、ゲレンデと温泉街を見守る姿にも心が温まります。また2019年には日本初の“雪ちゃりスノーパーク”がオープンするなど新しい取り組みも盛んです。

お地蔵さんに会えるスキー場

写真:浅井 みらの

温泉街の目の前に広がる戸狩温泉スキー場。3つのゲレンデが繋がっていて、山に向かって左側が“ペガサス”、右側下部が“オリオン”、右側上部が“とん平”と呼ばれています。
珍しいスキー地蔵があるのはペガサスゲレンデの中腹あたり。モーグルコースとみみずくコースの手前に設けられた白い祠が目印です。

写真:浅井 みらの

戸狩温泉スキー場の始まりは昭和に起きた高度経済成長の頃。全国各地へ出稼ぎが強いられ、家族が離れ離れになることを嘆いた地元の人たちが豪雪地帯だったこの土地柄を活かし、スキー場と民宿の新規開拓に乗り出します。
ほとんどの住民が農家だったため、前途は多難。しかし、遂に1960年にスキー場が誕生。そして、スキー場開設30周年を記念し、先覚者への感謝と地域の発展、そしてスキー場の安全を願ってスキー地蔵が建立されたのです。麓ではなく中腹あたりに立っているので、スキーヤーやスノーボーダーだけでなく戸狩温泉街全体もスキー地蔵は見守っています。

写真:浅井 みらの

現在もスキー場周辺には約17軒の民宿、ロッジ、ホテルなどの宿泊施設があり、自家製野菜を使った郷土食や鍋料理が振舞われます。宿泊とリフト券がセットになった割安パックも戸狩温泉の宿泊サイトから予約可能。
オリオンゲレンデの麓にはレストハウスが数軒並び、これは3つのゲレンデの中でも一番の充実ぶり。昔懐かしい情景が見られます。レストハウスみゆき、レストハウスオリオンでは厚切りパンを大胆に使ったジャンボトーストがボリューム満点と評判です。

上から下まで直滑降!ペガサスゲレンデ

写真:浅井 みらの

ここからはペガサスゲレンデ、とん平ゲレンデ、オリオンゲレンデをそれぞれご紹介。
3つのゲレンデのうち最多コースを誇るのがペガサスゲレンデ。穏やかな斜面でコースも広くて滑りやすい麓エリアは、朝一のウォームアップにおすすめです。

写真:浅井 みらの

麓にはオリオンゲレンデ同様、レストハウスも完備。星降るレストランでは、地元名物の“とがりんとう”というりんご味のかりんとうをソフトクリームで再現した“とがりんとうソフトクリーム”が有名です。

写真:浅井 みらの

ペガサスラビット4リフトを降りた先では向かい側に野沢温泉スキー場や木島平スキー場が見渡せ、雄大な山々が連なるパノラマ風景は絶好の撮影スポットです。

穏やかな斜面が続く、とん平ゲレンデ

写真:浅井 みらの

ペガサスゲレンデとオリオンゲレンデを結ぶのがとん平ゲレンデ。山頂付近にありながらも、ならの木コースやクローバーラインといった緩やかな初級コースもあり、初心者も良質な雪を堪能できるのが魅力です。

写真:浅井 みらの

2つのリフト乗り場近くには高原レストランがあり、待ち合わせにもぴったり。500人の収容規模はスキー場内で最大です。

写真:浅井 みらの

壁一面がガラス張りで、外の様子もばっちり。スキー場で定番のラーメンやカレーのほか、地元ならではの信州そばや野沢菜キーマカレーにも食欲をそそられます。

開放感が抜群!オリオンゲレンデ

写真:浅井 みらの

息を呑むような眺望と出会えるのがオリオンゲレンデ。オリオン高速クワッドリフトを降りた先は視界が開かれ、遠くの飯山盆地や千曲川が一気に見渡せ、まるでジオラマのよう。あまりの光景に思わずため息もこぼれるはず。

写真:浅井 みらの

広々とした麓エリアは見晴らしが良く、縦横無尽な滑りを楽しめます。
ファットバイクで雪面を駆け降りる雪ちゃりもここが受付場所。専用ゲレンデがあり、ウェーブやバンクなどアイテムが整っているほか、森の中を抜けるツリーランも楽しめます。

写真:浅井 みらの

戸狩温泉スキー場の中でも屈指の細さと急さを誇る馬ノ背コースは、上級者にぜひ挑戦して頂きたいコース。最大斜度25°の斜面に立つとまるで自分が目の前の景色に吸い込まれそうな錯覚に。非圧雪なので新雪に恵まれれば滑らかに落ちる感覚を味わえます。
ペガサスゲレンデ、オリオンゲレンデ両方でナイターも実施。どちらにも駐車場があり、リフト券購入、スクールも受付けています。

おすすめコース&日帰り温泉

景観と滑り応え両方を求めるなら、おすすめはペガサスゲレンデの林間コース。1370mはスキー場内で最長。一般の林間コースとは違い、コースも幅広で滑りやすく、くるくると目の前の景色が変わっていく様子が滑走意欲を掻き立てます。

写真:浅井 みらの

滑り終わった後は疲労回復、関節痛、美肌に効果がある弱アルカリ性単純温泉の戸狩温泉へ。日帰り入浴施設の“暁の湯”はペガサスゲレンデから徒歩1分。“望の湯”はオリオンゲレンデから徒歩4分とそれぞれのゲレンデから近いのも嬉しいポイントです。
地元の活性化を願って築かれた「戸狩温泉スキー場」。ぜひ訪れた際は、スキー地蔵に今シーズンの安全を祈願してから滑り始めてみてはいかがでしょうか。

戸狩温泉スキー場の基本情報

住所:長野県飯山市大字豊田6356
電話番号:0269-65-2359
営業時間:2020年12月19日〜2021年3月28日(予定)
アクセス:上信越道・豊田飯山ICより車で約25分
2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
戸狩温泉スキー場(外部リンク)
https://togari.jp/winter/
戸狩温泉(外部リンク)
https://www.togarionsen.com/
長野「野沢温泉スキー場」初心者、上級者、滑らない人もドンと来い!
https://www.travel.co.jp/guide/article/36640/
長野「よませ温泉スキー場」抜群の滑り応えと絶景に溜息
https://www.travel.co.jp/guide/article/36923/
ワイドバーンで人混み知らず!?信州・木島平スキー場は家族の味方
https://www.travel.co.jp/guide/article/15514/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
浅井 みらの

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)