ホーム 子育て > 軽率な行動を大後悔…ベビーカーに子ども2人乗せたらタイヤが破損して…

軽率な行動を大後悔…ベビーカーに子ども2人乗せたらタイヤが破損して…

2021.10.12

耐用重量を超えている体重のお子さんたちを軽い気持ちでベビーカーに乗せてしまい、結果、ベビーカーを壊してしまったママ。メーカーから修理不可の連絡がきて大後悔したママの体験談を紹介しています。

ベビーカーに子どもを2人乗せたらタイヤが破損!軽率な行動に大後悔…

現在、5歳と2歳のやんちゃな男の子2人を育てています。ある日、出先で次男がなかなかベビーカーに乗らず、代わりに長男が乗りました。慌ててベビーカーに乗ろうとする次男と降りない長男。仕方なく長男を降ろさずに次男をそのままベビーカーに乗せたところ、大後悔することに……。私がしてしまった大失敗談です。

出先で兄弟喧嘩

次男が2歳半になったころ、ベビーカーに乗るのを嫌がる時期がありました。その日の外出先でも一度降りた次男は、ベビーカーに戻りません。困った夫が「長男君を乗せちゃうよ〜」と言って、本当に乗せてしまったのです。慌てた次男がベビーカーに駆け寄りましたが、長男は降りません。

ベビーカーはもともと長男が使っていた物でした。そのため、長男は「本当は僕のベビーカー」という意識があったのです。「乗る〜!」と大泣きする次男。周りの目もあったので、仕方なく次男も一緒にベビーカーに乗せました。

ベビーカーが壊れた!

2人を乗せると、次男も泣き止みました。そこですぐに長男を降ろせばよかったのですが、2人が一緒に乗っているのがおもしろく、私はベビーカーを少し動かしてしまいました。その瞬間、バキッ!と音がして右側のタイヤ支柱が折れてしまったのです!

幸い乗っていた2人にケガはなかったのですが、ベビーカーは走行不可能な状態になってしまいました。仕方なく、私が次男を抱っこしてベビーカーは夫が抱えて帰宅しました。その日は抱っこひもも持っていなかったので本当に大変でした。

まさかの修理不可!

その後、ベビーカーのメーカーに修理してもらおうと連絡しました。しかし、型が古かったため、修理不可の返事が……。長男が乳児のころから使っていた思い出のたくさん詰まったベビーカーだったので、夫婦ともにとてもショックでした。

当時、長男は17kg。次男は12kgありました。ベビーカーの耐用重量は15kgで、長男だけでもオーバーですし、ましてや合計29kgの体重を支えられるわけがありません。

「少しだけなら乗せても大丈夫」と軽率な行動を取ってしまい、子どもを危険にさらしただけでなく、思い入れのあるベビーカーを壊してしまったのは大後悔です。その後購入した新しいベビーカーは、荷物も含め耐用重量を超えないよう慎重に使っています。

「共感した」「私の場合はこうだった」など、ぜひベビーカレンダーサイトのコメント欄にご感想をお寄せください。また、ベビーカレンダーでは皆さんから募集した体験談を記事でご紹介させていただくことも。ベビーカレンダーに会員登録すると届くメルマガから、皆さんのオリジナル体験談をご応募ください。

監修/助産師REIKO

著者:竹内優実5歳と2歳の男児を育児中。時短と節約が大好きなアラフォー母。簿記2級・MOSマスター・初級シスアド取得。パソコンを活かした育児グッズの作成が得意。夫は激務の為、ほぼ一人育児中。

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ