ホーム コラム > 「宝物なんだ」娘はちゃんとわかっていた。最終登園日、先生からもらったものを大切なものとは…?

「宝物なんだ」娘はちゃんとわかっていた。最終登園日、先生からもらったものを大切なものとは…?

2020.12.23

Instagramでフォロワー4.6万人超えのわさび(@wasabi_2910)さん。4歳の女の子いとちゃんと、2歳の男の子うりくんのママです。今回は、いとちゃんが保育園を転園することになったときのエピソードをご紹介します。

保育園が姉弟バラバラなので、4月から同じ保育園に通わせるために、いとちゃんを先に転園させました。

「たからもの」

「たからもの」
「たからもの」
「たからもの」
「たからもの」
「たからもの」
「たからもの」
「たからもの」
「たからもの」
「たからもの」
「たからもの」

大好きな先生に会いに保育園に通っていたようないとちゃんでしたが、別れをすんなり受け入れて、新しい保育園にごねることなく行っています。

子どもは子どもなりに考えて頑張って前に進んでいるのですね。

保育園で先生たちに愛情をたくさんかけてもらったからこそ、別の保育園でも安心して通えるのではないかなと思います。

本当に保育士さんたちには頭が上がりません。

大好きな先生とのお別れもすんなり受け入れ、前を向いて別の保育園に通い始めたいとちゃんは、わさびさんが思っていた以上に大人だったのですね。

新しい保育園でもいとちゃんが楽しく過ごせますように。

わさびさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

View this post on Instagram

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ