ホーム 子育て > 夫に「生理用品を買ってきて」と頼んでみたら…まさかの回答が!?

夫に「生理用品を買ってきて」と頼んでみたら…まさかの回答が!?

2021.01.19

on3_3

思わぬタイミングで生理が始まってしまい、生理用品を持ち合わせていない! 生理用品のストックがあると思ったらなかった! 出産後、予想よりも早く生理が再開し突然ナプキンが必要になった! こんなピンチを経験したことがある女性もいらっしゃるのではないでしょうか? そのときの状況によっては、自分でナプキンを買いに行くことが難しいこともありますよね。

そんなときに頼れるのはやっぱりパートナー!今回はTwitterの投稿から、“夫に生理用品のおつかいをお願いしてみた”という女性のエピソードをまとめてご紹介します。

夫が「羽つき」を選んだ理由生理ナプキンのおつかいを頼んだとき、夫が「羽つき」と「羽なし」の違いが分からなかったそうで悩みに悩んで「羽つき」を買ってきた。盛大に感謝の意を伝えた後で「どうして羽つきにしたの?」と聞いてみたら「強そうだったから」とゲームの装備品のようなコメントを頂いたことがあった

― みず@年子双子 (@mizuy10) January 6, 2020羽つきを選んだ理由がまるで少年のような発想ですが、ある意味、正解かも!?

確かに、使ったことがなければ「羽って何? 必要?」となっても不思議ではありません。

あっさりOKしてくれた夫に感謝!娘は十二月生まれで多少大きくなってきてもまだ外は寒くてね。悪露が終わって一週間でもう生理きちゃって、まさかこんなに早く再開すると思わなくて全然ナプキンの予備がない。で夫に「恥ずかしいだろうなぁ、申し訳ないなぁ」と思いお願いしたけど、あっさり「いいよ〜」ってマツキヨ行ってくれた。→

― 佐倉 紫 (@yukarisakura29) January 8, 2020確かにそれまでさわったことがなく売り場に近づいたこともなけりゃ、妻にいざナプキン買ってきてと言われても躊躇うよなと思う。夫は実家に妹さんがいて、仕事で女性用品を扱う機会があったからこそ躊躇いもなく買いに行けたんだよな、と思って一人なるほどと納得した。なんでもさわっておくって大事。

― 佐倉 紫 (@yukarisakura29) January 8, 2020旦那さんは妹がいることやコンビニでアルバイトをした経験から、ナプキンが女性にとって必要なものだと理解し、さらに触れることに対する抵抗感がなくなったとのこと! やはり経験がものを言うのですね。

デザイン変更になっても大正解する夫夫に生理用品頼むのがセクハラと感じる人もいるのか…。うちの父は恥ずかしがりながらも買ってきてたそうで。夫は何も思わないらしい。昔、画像を送ってお願いしたらデザインが大幅に変更されてたのにメーカーと商品名と長さと羽で判断してばっちり買ってきてくれたのでオニギリわっしょい。

― ニキスキー (@niki_suki) December 5, 2019買ってきてほしい商品の画像を送っておつかいを頼むのは、買い間違いのリスクを減らすいいアイデア! あいにくパッケージデザインが変更されていて送った画像と違っていたそうですが、旦那さんは間違うことなく買ってきたそう! 素晴らしい!

種類が多すぎて難易度が高かった!生理用品コーナーでビデオ通話しながら探してもらったものの、いつものものがなく。「テキトーに選ぶ」が逆に難しい…最終的に夫はマタニティマークがデザインされたものなら大丈夫だろうと買ってきてくれてバッチリことなきを得たけど、こういう時マークがついてるってすごくいいことなんだな〜と

― 山本千鶴 3m (@yamashimomemumi) November 7, 2019ナプキンとおりものシートの違いや、メーカーの違いがわからなかった旦那さんから「どんなの?」と聞かれてすぐに説明できなかったという投稿者さん。さらに愛用しているものがなくて、“適当なもの”を買ってもらうことの難しさを経験したそうです……。

生理用品のおつかいを夫にお願いするのはハードルが高いという方もいらっしゃると思います。それでも、いざというときはやはり頼りになるのは夫! もしものときのために、生理用品を一緒に買いに行くなどして抵抗感を減らしておいたほうがいいかもしれませんね。

取材・文/寺田 梓

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

イラスト/おんたま

監修/助産師REIKO

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)