ホーム 旅行&おでかけ > 伊豆「ルーシーキキ」は温泉グランピング+猫と遊べる癒しホテル!

伊豆「ルーシーキキ」は温泉グランピング+猫と遊べる癒しホテル!

2021.02.15

伊豆高原の「ルーシーキキ」は、グランピングをコンセプトにした、ここにしかない癒しが詰まったラグジュアリーホテル。
限定5室のメゾネット型客室には、1Fにテントやハンモックがあり、2Fには絶景露天風呂を完備しています。食事は、夕食も朝食もお部屋で。さらに持ち込みOKで、贅沢な完全おこもりが叶います。そして忘れちゃいけないのが、猫と遊べるお部屋。猫好きの“モフ”欲も満たしてくれます!

カップル?子連れ? 旅の目的によって選べる客室

写真:安藤 美紀

「ルーシーキキ」があるのは、東伊豆の人気観光スポット「大室山」から車で5分の場所。ひっそりした伊豆高原の別荘地にある、知る人ぞ知る穴場のホテルです。
ホテルの客室は、どの部屋もグランピング仕様になっていますが、大人向けor子供向けかで内装が少し異なります。
カップルなら、写真のラグジュアリーな雰囲気が漂う「大人向けグランピングルーム」を。子連れの方なら、室内にも子供用のミニテントやおもちゃが置いてある「キッズグランピングルーム」がおすすめ。できれば、ちょっと印象的な記念日にしたい!という方は、事前にバースデーデコレーションをお願いすると良いでしょう。料金は無料。彼女やお子さんの誕生日などにぴったりです。

写真:安藤 美紀

最初からテラスに本格テントが設置されているので、ゲストはチェックインしてすぐアウトドア気分を楽しめます。
ただぼうっと自然を感じてリラックス…。それだけでも十分癒やされますが、さらにリゾート気分を満喫するなら、ルームサービスでお酒を注文してみて!おしゃれなカクテルやシャンパンもあり、ほろ酔いで大人の贅沢を楽しめますよ。

写真:安藤 美紀

お部屋でまったりしていると、すぐスタッフが焼きマシュマロ「スモア」の準備をしてくれます。アウトドアとは縁遠い人も、さくっと別世界へワープできるのが「ルーシーキキ」の良いところ。
そして、道具もおしゃれな実力派ぞろい!マシュマロを炙るのは、バリュミューダに次ぐ人気家電ブランド「アラジン」のカセットコンロ。ルックスがとにかく可愛くて、写真を撮るのが楽しくなります。

全室90平米以上。プライベート重視のメゾネット型客室

写真:安藤 美紀

テラスはグランピングモード全開ですが、部屋の中に1歩入れば、ラグジュアリーなホテルステイを満喫できます。
部屋の広さは、全室90平米以上という贅沢な造り。5室すべてがメゾネットタイプになっていて、1Fにリビング、2Fに寝室とお風呂があるので、暮らすように過ごせるのが特徴です。

写真:安藤 美紀

階段を登った先には、高級寝具「エアウィーヴ」が敷かれた、広〜い寝室があります。
始めに用意されているお布団は2組ですが、基本的に1室大人4名まで利用可能。未就学児であれば、お布団で添い寝になるので、宿泊料金は無料です。

写真:安藤 美紀

「ルーシーキキ」は、ルームウェアも手をぬきません。備え付けのパジャマやバスローブの他に、スタッフに伝えると“ふわもこガウン”を無料で借りられます。女性用は赤色、男性用は紺色。軽くて上質な毛布をかぶっているようで、あったかレベルは最高!寒いときは、ぜひ借りてみて下さい。

おこもりステイの極み!極上の絶景露天風呂

写真:安藤 美紀

ルーシーキキには「全室温泉の絶景露天風呂がある!」と聞けば、テンションが上がらずにはいられません。
湯船に身を沈めれば、緑いっぱいの自然やその向こうに広がる相模湾を一望。プカプカお湯に浮かんでいると、伊豆ならではの自然をパワーチャージできます。
お湯はややぬめりのある、無色透明のアルカリ性単純温泉。美肌成分であるナトリウムとカルシウムを多く含み、肌をふんわり包み込む極上の名湯です。

写真:安藤 美紀

バスタイムをより豊かなものにしてくれるのが、防水のBluetoothスピーカー。ぜひお風呂に持っていって、お気に入りの音楽を流してみてください。たまった疲れも癒されて、ずっとぷかぷかしていたくなります。

写真:安藤 美紀

アメニティは、他のホテルとは一線を画す、パリ発の自然派高級スキンケアブランド「オムニサンス・パリ」。内容も充実していて、フェイスケアからボディケア、ヘアケアまで、すべてこれで整います。ラグジュアリーなアメニティをお土産にできるなんて、嬉しくなっちゃいますよね!

お部屋で楽しめるマイペースな美食の晩餐

写真:安藤 美紀

「ルーシーキキ」の魅力を語る上で、夕食は欠かせないポイントの一つ。なんと、伊豆の海と山の幸をたっぷり詰め込んだ会席料理を、スタッフが絶妙なタイミングでお部屋まで届けてくれるんです!
お部屋で好きなTVを見たり、音楽を聞いたり。誰の目も気にせず、のんびりまったり美食を楽しめる……。「ルーシーキキ」の夕食は、まさにおこもりステイの極みです。
伊豆なので、伊豆近海・相模湾を中心にしたお魚が好評。冬になると、脂がのった東伊豆産のキンメダイをお刺身でいただけます。

写真:安藤 美紀

メインのお料理は、和牛ヒレ肉のロースト。歯で噛み切れるほどやわらかいお肉を、赤ワインとワサビ、2種類のソースで食べ比べできます。
また「ルーシーキキ」のご飯は、伊豆の5つ星お米マイスターがオリジナルブレンドで作ったブレンド米。こだわりのつくり手による、ここでしか食べられない「最高のシメご飯」が待っています。

写真:安藤 美紀

お腹がいっぱいになったら、そのまま寝ちゃうのはもったいない!天体望遠鏡を借りて、伊豆の煌めく星空ウオッチングを楽しみましょう。
冬の時期は、テラスから北斗七星やオリオン座、冬の大三角形を眺められます。星座に詳しくない人は、天体望遠鏡とセットで星座早見表を借りておくと便利ですよ。

ゆっくり時間をかけて楽しみたいグランピング朝食

写真:安藤 美紀

朝ごはんは、和食かグランピングブレックファストか、好きなタイプを選びます。「ルーシーキキ」に来たら、作る楽しみと食べるワクワクがあるグランピングの朝食がおすすめ。
具材は、ハンバーグ、伊勢海老、ソーセージなどなど。高級食材もあって、朝からウキウキします。すべて火が通っているので、バリュミューダのトースターを使って、自分のペースで軽く温めていただきましょう。パンも2種類あるので、ハンバーガーとホットドッグ、どちらも作れますよ。
「仕上げは、ケチャップにする?ミートソースにする?」そんな風に、ワイワイしながら作れる朝ごはんは楽しい!

写真:安藤 美紀

旅の最後は、2匹の看板猫にたっぷり癒されてみませんか?
「ルーシーキキ」には、猫と遊べるお部屋があります。このお部屋は、事前予約制。フロントに電話をして「○時に行きます」と伝えましょう。
猫ちゃんたちと遊べる時間は、2部制です。
・午前の部 10時〜11時
・午後の部 15時〜17時

写真:安藤 美紀

光に当たった体毛が、ゴールドに輝くように見える美しい猫ちゃんは、世界一小さい猫種「シンガプーラ」のシリウス君。もともとシンガポールのジャングルにいるような山猫なので、身体能力は抜群です。
見た目が可愛いだけじゃなく、お手やおすわりもしてくれる、賢い子。初対面でも膝の上にのるほど人懐っこく、ネコ好きのハートをとろんとろんにしちゃいます。
そして奥にいるのが、ほとんど動かない「スコティッシュフォールド」のスピカちゃん。おっとり穏やかで、その可愛さは悶絶級です。
朝風呂に入った後で猫部屋に行けば、湯上がりモフモフの夢が叶っちゃう!

心を柔らかくする、癒しのおこもり猫旅を

日本中でじわじわ浸透したグランピング。最近はあちこちで見かけますが、グランピング・温泉・猫、3つのトリプルな癒しを楽しめるところは珍しい!
ハンモックに揺られて自由気ままに過ごし、好きなだけマイ温泉にザブンして、熱々&出来たての食事をお部屋でいただく。さらに猫とモフモフすれば、なんとも言えない充足感で満たされます。「ルーシーキキ」で疲れた心を柔らかく。心和む幸せな時間を過ごしてみませんか?
2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
ルーシーキキ(外部リンク)
https://www.izu-lucykiki.com/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
安藤 美紀

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)