ホーム 子育て > 予想外の事態に!気になっていた息子のイビキ…検査入院をすすめられ…!?

予想外の事態に!気になっていた息子のイビキ…検査入院をすすめられ…!?

2021.02.19

睡眠 男の子

現在3歳の男の子を育てています。生まれつきイビキが大きかった息子ですが、最近は寝苦しそうにすることが多く、呼吸も止まっている?と気になるように……。病院に相談したところ、予想外の事態になった体験談をご紹介します。

息が止まっている?

3歳になる息子はもともとよくイビキをかく子どもでした。夫も同じようにイビキが大きかったので、「遺伝かね〜」とあまり気にしていなかったのです。

しかし、ここ1カ月ほどイビキが以前よりも激しいだけでなく、寝息が数秒間止まったあとに、「カハッ!」と苦しそうにすることが増えました。本人も深く眠れていないようで、深夜に度々起きて泣いてしまうことも……。心配で病院に連れて行くことにしました。

撮影した動画を小児科医に見せる

先生に診てもらうため、気になる様子をスマホで撮影。どこの科に連れて行くべきか迷い、かかりつけの小児科に相談したところ、診てもらえることになりました。動画を見せると、「胸が動いているので、無呼吸ではなさそう」とのこと。

そして、夜に指にはめて脈拍と血液中の酸素飽和度を測る器械を貸し出してくれました。夜に計測すると、就寝時に息子の酸素飽和度がかなり下がることがわかりました。翌日、もう一度病院に行くと「大きな病院で診てもらったほうが良い」ということで、紹介状を書いてもらいました。

大学病院でも動画を見せる

大学病院で動画を見せると、「扁桃腺肥大による無呼吸の疑いがある。一度検査入院してみては?」と提案されました。就寝時の脈拍と脳波を一緒に測るとのこと。ただ、あくまでも念のためにということで、何か病気が隠されているかどうかは検査してみないとわからないとのことでした。

息子は生まれてから一度も私と離れたことがないのでかわいそうな気持ちはありますが、何か問題があった場合には早く見つかったほうがよいと思い、入院を決意。1カ月後に予約しました。

動画の大切さを実感

今回の出来事で感じたのが、子どもの様子を動画撮影することの大切さです。最初の小児科でも大学病院でも、「お母さんが動画を撮ってくれていたから様子がよくわかった」と言われました。

今回のような睡眠時など特定の環境でしか状況がわからない場合は、動画はとても有益な情報になるとのことです。まだ結果は出ていませんが、念のため動画を撮っておいてよかったと実感しました。

初めは「私の気のせいかな? 病院に行くのは大げさかな?」とも思いましたが、思い切って病院に相談してよかったです。検査の結果は、「アデノイドが大きい」ということで切除を勧められましたが、コロナウイルスが落ち着くまではとりあえずは見送っています。この件はどうなるかわかりませんが、今後も気になる症状があれば、動画や写真で記録しておこうと思っています。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2〜6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

監修/助産師REIKO

著者:仲本まゆこ自身の体験をもとに、妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ