ホーム 旅行&おでかけ > 栃木・井頭温泉チャットパレスに北欧風グランピング施設オープン!

栃木・井頭温泉チャットパレスに北欧風グランピング施設オープン!

2021.02.20

日本一のいちごの産地、栃木県真岡市にある宿泊施設「井頭温泉チャットパレス」内に2021年2月8日、グランピング施設がオープン!自然に囲まれたホテルのガーデンにおしゃれなドームテントが登場しました。「北欧×真岡のいちご」をテーマとしたグランピングはフォトジェニック!そんな素敵な空間で贅沢ステイを満喫してみませんか?いちごの季節は夜のいちご狩り「ストロベリーナイト」を開催。隣接の温泉施設も楽しめます。

「北欧×真岡のいちご」をテーマとしたグランピング!

写真:中島 誠子

「井頭温泉チャットパレス」は、真岡市運営の公共宿泊施設。広大な敷地を有する井頭公園に隣接し、自然豊かな里山に立地しています。真岡市(もおかし)は、都心から約2時間。陶芸の町・益子へ車で約20分とアクセスが良く、観光にも便利な場所です。さらにいちごの生産日本一の町なので、いちごのシーズンにいちご狩りもたっぷり楽しめます。
今回ご紹介するのは、2021年2月8日にチャットパレスのガーデンに登場したグランピング施設。こちらのグランピングを手掛けるのは、お風呂とカフェの掛け合わせで大ヒットとなったあの「おふろcafe」を生み出した会社「株式会社温泉道場」です。これは期待感高まりますね。

写真:中島 誠子

ドームテントはプライベートを確保できる秘密基地。ドアを開けると北欧風のインテリアでレイアウトされたおしゃれで贅沢な空間が広がり、そして大きく開けた窓からは真岡の里山の景色が見渡せます。
ベージュカラーをベースに、リゾート感のあるブルーと真岡のいちごをイメージしたピンクが配色されとってもキュート。冷蔵庫や電子レンジ、トースターなどの家電もかわいく、思わず住みたくなってしまう女子憧れのグランピングルームです。

写真:中島 誠子

テント内にはシングルベッドが4台並べられており、女子会やファミリーに最適。日中は自然光が降り注ぎ、天窓から緑が見えるベッドは日中でもずっとゴロゴロしていたい快適さです。さらにマットレスは寝心地抜群で一度味わってしまうとやみつきになってしまうかも。冷暖房が設置されているので、オールシーズン楽しめるのも魅力です。

テントでいちごスイーツ。夜のいちご狩りストロベリーナイトも!

写真:中島 誠子

ウェルカムスイーツとして用意されているのは、真岡のいちごを使ったチョコレートスプーン「バーチャミ! 〜いちごにキスするチョコスプーン〜」。こちらは地元のスイーツショップ「清風」さんが作るスイーツで、テレビやSNSで話題となり今や入手困難!これは嬉しいサービスですね。
バーチャミは温めた牛乳に、チョコスプーンを入れて溶かしながらいただきます。(牛乳はお部屋の冷蔵庫に用意あり)溶かさずそのままいただいても美味しいですよ。

写真:中島 誠子

目の前は田んぼ、その奥に木々が生い茂り四季折々の景色を見せてくれる里山。普段なら気にも留めない風景が、テントの窓枠で切り取られた瞬間不思議とずっと見ていたくなる…。それもグランピングの魅力の一つでしょう。自然と一体となり、至福のバーチャミタイムをどうぞ。

写真:中島 誠子

外のテラスやガーデンの芝生エリアで過ごすこともでき、お子さんが喜ぶ環境です。日中は追いかけっこをしたりバドミントンをするなど、思い思いの時間を。手軽に遊べるものを持参するといいでしょう。

いちごの季節は夜のいちご狩り「ストロベリーナイト」付き!

写真:井頭温泉チャットパレス

いちごの季節(例年1月上旬〜5月上旬頃まで)は「ストロベリーナイト」が開催されます!(17:00〜)暮れゆく夜にいちご狩りができるなんて…なんだか贅沢。いちご園は隣接の井頭観光いちご園(あぐりっ娘)となり、グランピング施設から徒歩圏内です。
品種はおなじみのとちおとめですが、ここのとちおとめは甘みが強くジューシー。ドリンクが用意されているので、夕食前の前菜として真岡の美味しいいちごを味わってみてください。

アウトドア空間で豪華グランピングディナー!

写真:中島 誠子

夕食はアウトドア空間で楽しむ豪華グランピングディナー。テントから漏れるあたたかな光とランタンの光が照らす夜のテラスがディナータイムを盛り上げてくれます。食材、調味料、調理器具、食器などディナーに必要なものは全てセットされ、持参するものはありません。
メニューは、野菜サラダ、牛ステーキ、具沢山ポトフ、アヒージョ、バゲット、鯛釜飯。野菜は主に地元産の新鮮な野菜が使用されています。チャットパレスのレストランシェフが作るディナーはどれも絶品。ボリュームたっぷりで、食いしん坊のお腹も満たしてくれます。
飲み物は含まれておらず持ち込み自由。ホテル内の自販機や売店で購入するか、事前にお好みのものを準備してくださいね。
※メニューは季節の仕入れなどで変更がある場合があります。

写真:中島 誠子

はじめてキャンプする方でも気軽に楽しんで欲しいとのスタッフの想いから、食事は超簡単調理。大人気のグリル「weber」のコンパクトな卓上グリルを採用し、一瞬で火が付く炭が用意されています。これなら火起こしの心配も不要。また、ポトフとアヒージョはコンロで温めるだけ、鯛釜飯の炊飯も難しくありません。
自分で作るキャンプの醍醐味を残しつつ、手軽に楽しめるグランピングディナーはキャンプ初心者に打ってつけ。普段キャンプをされる方も、たまには頑張らないキャンプをしてみてはいかが?

写真:中島 誠子

朝はホテル内のレストランにて優雅なモーニングを。クロワッサンのサンドイッチ、焼きたてのバゲット、地元養鶏所の卵を使ったスクランブルエッグ、新鮮サラダ、ウィンナー、スープ、ヨーグルト、フルーツなど、栄養バランスが整ったモーニングセットです。

隣接する「真岡井頭温泉」も利用無料!

写真:中島 誠子

滞在中は隣接する日帰り温泉「真岡井頭温泉」を無料で利用できます。こちらの施設は男女ともに広々とした内湯と岩の露天風呂、サウナを完備。温泉は地下1500mから汲み上げた天然温泉で、泉質は「ナトリウム・カルシウム-塩化物泉」。塩分を多く含む温泉は体の芯から温めてくれるため湯冷めしにくく、保湿効果もあるので優秀な湯です。
・真岡井頭温泉利用時間
10:00〜20:00(火曜定休)

写真:中島 誠子

ホテル館内にもお風呂があるので、真岡井頭温泉が営業時間外の時間帯はホテル内の温泉へ。こちらも真岡井頭温泉と同じ温泉が使用され、浴槽は古代ヒノキと呼ばれる巨木ヒノキが使われています。
こじんまりとしたお風呂ですがヒノキの香りが良く快適。こちらとは別に貸し切り風呂(家族風呂)があり、なんと宿泊者は1時間利用無料!ご希望の方はチェックイン時にフロントで予約してくださいね。
・チャットパレス館内お風呂利用時間
15:00〜24:00/05:00〜10:00

写真:中島 誠子

快適なグランピングもいちご狩りも温泉も楽しめちゃうなんて、よくばりなシチュエーションですね!テント内はWi-Fi完備、タブレット(Amazon)も設置されているので、夜に温泉を満喫した後はテントの中でBGMを流してリラックス。ぽかぽか温まった体でゴロゴロしてみたり、枕元にある本や雑誌を読んでみたり…それぞれのグランピングステイを楽しみましょう。快適過ぎて外に出られなくなっちゃうかもしれません。

井頭温泉チャットパレスは周辺観光にも便利!

楽しいのはいちご狩りの季節だけではありません。隣接する井頭公園には「一万人プール」という関東最大級のプールがあり、夏はプールも楽しめちゃうという好立地。公園内にはフィールドアスレチック、サイクリングロード(貸し自転車あり)、ボート池、釣り池などもあり遊べるコンテンツが盛りだくさんです。
都心から約2時間というアクセス、そして近くには陶器の町・益子やツインリンクもてぎなど人気の観光スポットがあり、周辺観光にも便利。
現在2基のドームテントが設営されていますが、今後増設も検討されています。どんな施設になるのか、これからの進化も目が離せません。
取材協力:井頭温泉チャットパレス/温泉道場

■関連MEMO
井頭温泉チャットパレス(外部リンク)
http://www.chat-palace.jp/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
中島 誠子

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)