ホーム 子育て > 「失敗したらダメだから」とトイトレを拒否…娘の気持ちに寄り添えず反省

「失敗したらダメだから」とトイトレを拒否…娘の気持ちに寄り添えず反省

2021.02.21

パンツを拒否!

3歳になった娘が保育園で始めたトイトレーニング。しばらくすると、娘はお姉さんパンツを嫌がるようになってしまいました。あまりにも頑なに拒否するので、トイレトレーニングはいったんお休みすることに。ところがある日突然「トイレに行くことにする」と娘が宣言。その真意がわかったとき、娘の気持ちを理解できていなかったと、私は反省しました。

保育園でトイレトレーニング

保育園の2歳児クラスに通う娘。お友だちがおむつを卒業するなか、先生に「〇〇ちゃん(娘)もお姉さんパンツにチャレンジしよう」と提案されました。本格的なトイレトレーニングの開始です。家ではトイレに誘っても「行きたくない!」、お姉さんパンツをすすめても「まだお姉さんじゃないからいい!」と頑なに断られ、のんきな私はまあいいかとトイレトレーニングは手つかずの状態でした。

先生によると「園でみんながトイレに行くタイミングで誘うと、成功することも増えたので大丈夫ですよ」とのこと。娘は登園した後にお姉さんパンツにはき替え、お昼寝まで過ごすことになりました。

お姉さんパンツを嫌がる娘

初日はとてもうれしそうにお姉さんパンツにはき替えた娘ですが、数日すると様子が一変。登園すると「今日はやめておく」と娘。「どうして?」とたずねると「失敗したらだめだから。はずかしいから」と。

確かに何回か失敗はしていましたが、先生や私のなかでは想定の範囲内だったので、私は「失敗してもいいんだよ。練習なんだから。大丈夫」と答えました。しかし「失敗はだめなの!」と娘ははっきりと拒否したのです。その様子を見ていた先生は「今日は無理せずおむつにしましょう」と言ってくれました。

ある日突然、娘が宣言。「トイレに行く」

トイレトレーニングを始めた時季が11月で寒いため、先生と話し合い、あまり無理はしないということに。終日おむつで過ごし、定期的に交換していました。するとある朝、突然「トイレに行くことにする」と娘。

土曜日で保育園が休みだったので、お姉さんパンツで過ごすことにしました。しばらくすると「しっこ出そう」と訴え、まさかのトイレ成功。その日は1日トイレに行くことができました。そして、寝るときだけおむつにして、次の日も日中はトイレに行くことができたのです。

娘は失敗しないように考えていた

「どうして急にトイレに行くって決めたの?」と私が娘にたずねると、「もうお姉さんになったから。トイレ行けるなって思ったから」と娘。どうやら保育園で失敗したことをとても気にしていたようです。

先生も私も失敗を責めるようなことはしませんでしたが、私は娘のプライドが傷ついていたのかも……と思いました。娘は自分で大丈夫だと確信できるタイミングを見計らっていたのかもしれません。それから娘はトイレに行くことができ、あっけなくトイレトレーニングは終了しました。

娘にとってトイレの失敗は、大人が思う以上に自尊心が傷つくものだったのだとわかり、反省しました。安易に「失敗してもいいんだよ」と言ってしまい、娘に悪いことをしてしまったと思います。しかし、自分でタイミングを見計らい、有言実行できる娘が頼もしいとも感じることができました。これからは娘の考えることをもっと大切にしていきたいと思います。

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2〜6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

監修/助産師REIKO

著者:更田未央子6歳と2歳の子を持つ母。看護師・保健師・養護教諭1種・FP3級の免許を取得。現在、高校生を対象とした学習塾の講師をしながら、FP2級を目指す。育児・教育・医療・金融・不動産について執筆中。

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ