ホーム 旅行&おでかけ > 大阪駅至近でヨドバシカメラにも隣接!「ホテル阪急レスパイア大阪」

大阪駅至近でヨドバシカメラにも隣接!「ホテル阪急レスパイア大阪」

2021.02.28

ホテルの立地で重視されるのがアクセス。特に多くのホテルが林立する大都会では、駅からの距離は大きなポイントです。それもターミナル駅なら、さらに注目すべき点と言えるでしょう。
今回ご紹介するのは大阪駅至近に位置する商業施設のハイフロアに誕生した「ホテル阪急レスパイア大阪」。感動の眺望と人気ダイニングなどホテルの魅力を余すところなくご紹介します。

ヨドバシ梅田タワーの9階〜35階に誕生

写真:瀧澤 信秋

ホテル阪急レスパイア大阪はJR大阪駅から徒歩3分、ヨドバシ梅田タワーの9階〜35階に位置します。阪急梅田駅・地下鉄梅田駅からは徒歩5分、各線の梅田駅からアクセス至便の好立地です。複合施設のビルは大きいだけに、スムーズにアクセスするにはホテル入り口を事前に確認しておくことをオススメします。

写真:瀧澤 信秋

ビルは高さ約150mの高層で、B1〜8Fは商業施設のリンクス梅田です。多彩なショップが揃っているので、旅先でちょっと欲しいものが気軽に手に入ります。ショッピングに加えて食事もできるホテル&ショップは最強といえるでしょう。高さといい立地といい、好条件が揃っており人気観光スポットとしても知られます。
ホテルのコンセプトはホテル名の元にもなっている“Rest. Inspire.”。都市にありながらも喧騒とは無縁の聖域ともいえるホテルです。窓の向こうは大都会、窓の内側はサンクチュアリ。ナチュラルでありながら最新のテクノロジーも導入、人と自動化の融合もテーマに、ストレスフリーなもてなしを実現しています。

大都会のど真ん中でホッとする空間

写真:瀧澤 信秋

まずホテルに到着すると、フロントロビーから見渡せる日本庭園が迎えてくれます。移動の疲れもきっと癒してくれることでしょう。庭園には多数の木々が植えられ、四季折々の表情が感じられるスペースです。散策すればリラックスムードも抜群。ここが大都会大阪のターミナル駅至近とは信じられません。
一方、ホテルから一歩出るとライブ感もある街の躍動が伝わってきます。食事は様々なショップやダイニングがあり、気分に応じてセレクト可能。街との一体感にもウキウキすることでしょう。ホテルで癒やされ街で魅力を発見する。こんなホテルステイがホテル阪急レスパイア大阪なら叶います。

秀逸な客室

写真:瀧澤 信秋

1000室を超える客室は全て禁煙。“OSAKA Japanese Style”をコンセプトに日本的な質感や大阪らしい空気感を表現する3つのカラースキーム「梅」「田園」「大阪城」をモチーフとしたデザインが施されています。
梅は大阪の府花である梅の花のスキーム、田園は阪急・阪神沿線の田園風景を思わせるスキーム、大阪城はゴールドを差し色に使用、雅な大阪と城の石垣をイメージしています。

写真:瀧澤 信秋

全客室12階以上の高層階ならではの眺望をはじめ、全室バス・トイレが独立型タイプと徹底した利用者目線も注目すべきポイントです。利便性の高いホテルだからこそ都市の喧騒を感じさせない空間に癒やされます。
客室は多彩。19平方mのダブルルームは幅160センチmのクイーンサイズベッドが配されています。また、スタンダードツイン25平方m、デラックストリプル33平方mなど、旅のシーンに応じたセレクトが出来るように多様なタイプが用意されています。

行こっか、食おっか、楽しもっか

写真:瀧澤 信秋

ホテルのあるビルをはじめ周囲にも多彩な飲食店がある環境だけに食事に困ることはありません。特に、9階のホテルロビーに面したイタリアン「グリリアート・クオッカ」が気になるところです。
クオッカという印象的な店名は「行こっか、食おっか、楽しもっか」がコンセプトになっています。こんなところにも大阪らしさを感じます。店内が庭園に面していることも開放感ある雰囲気に一役かっています。

写真:瀧澤 信秋

印象的なのがワインのディスプレイ。スパークリングワイン・白ワイン・ロゼワイン・赤ワインなどが並んでいますが、嬉しいことに多彩な20種が飲み放題で3000円(2時間)で愉しめます。
ワインのフリーフローは様々な飲食店で見かけますが、大抵の場合は数種類といったところ。こちらはちょっとスケールが違います。ワインマップのインフォメーションも秀逸で、ランブルスコに甲州まで揃っています。

写真:瀧澤 信秋

料理はディナーであればコースがおすすめ。前菜からして充実の内容、ボリュウム感も含め素晴らしい充実度です。そして魚料理・選べるパスタ・選べるグリル料理といったコースにワインもすすみます。

多彩なサービス

写真:瀧澤 信秋

ホテル阪急レスパイア大阪には“あったらいいな”が揃っています。まずロビーで癒やされるのがコーヒーマシン。チェックインの合間に利用できるゆったりとしたコーヒーブレイクは、旅の疲れをきっと癒してくれるでしょう。
また、コインランドリーや製氷機は当然として、調乳用温水器におむつ交換台などファミリーに優しいホテルでもあります。また、フィットネスルームも完備。24時間オープンしており、宿泊者は無料で利用できます。

阪急阪神ホテルズの新しいブランド

ホテル阪急レスパイア大阪は、関西地区を中心に多くのホテルを展開している阪急阪神ホテルズの新しいブランドです。それだけに、訪れるたびにまだまだ新しい発見がありそう。ホテル阪急レスパイア大阪の利用には、ホテルグループのメンバーズクラブへの入会もお得。様々な特典があります。
2021年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
ホテル阪急レスパイア大阪(外部サイト)
https://www.hankyu-hotel.com/hotel/respire/osaka

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
瀧澤 信秋

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)