ホーム 旅行&おでかけ > アーティスト作品の中で泊まる! 日本橋「BnA_WALL」ホテル

アーティスト作品の中で泊まる! 日本橋「BnA_WALL」ホテル

2021.02.28

日本橋は再開発の中で生まれている新しい世界観と、江戸時代から経済の発展地として栄えてきた街の風格が融和する面白いエリアです。ここにまた新しい風を吹き込むかのように、気鋭のクリエイターたちと共同制作したアートホテル「BnA_WALL」が誕生しました。グランドオープンは2021年4月2日。きっと泊まりたくなるホテルの魅力をお伝えします。

「BnA_WALL」の何が新しいのか?

写真:BnA株式会社 広報

今までもアーティストと共にインスピレーションいっぱいのホテルを創り出してきたBnA HOTELブランド。「BnA_WALL」は4つめの拠点となります。
このBnA HOTELブランドと他の宿泊施設との大きな違いは、客室そのものがアート作品になっているところ。YOSHIROTTENやカワムラユキなど気鋭のアーティストやディレクター23組と共に制作された、クリエイティブ感溢れる26部屋に泊まることができます。

写真:BnA株式会社 広報

客室は制作したアーティストごとに異なる空間造りがされており、それぞれの部屋にあるテーマやアーティストの思いなどを存分に体感できます。正に「泊まり、休む場所」という宿泊施設のイメージを払拭した新感覚のホテルです。
そして今までのBnA HOTELブランドと同様、宿泊費の一部が部屋を制作したアーティストに還元される仕組みを採用しているところもこのホテルの特徴。アーティストの存在をとても大切にしていることが伺えます。

建物に入った瞬間から伝わるアート感

写真:BnA株式会社 広報

まずホテルに入ると目の前に広がるのがスタイリッシュなラウンジとバーカウンター、そして目を奪われる大きな壁画「WALL」です。この「WALL」はFactory (ファクトリー)と呼ばれる地下の工房スペースから繋がっており、定期的にアーティストによって塗り替えられます。

写真:Yorimichi Kumi

工房と大型壁画はアーティストたちの活動を支援する一環のもので、地下にはアーティストが作業の合間に休憩できる部屋も用意されているという万全のサポート体制を整えています。
壁画アートを制作できる施設が少ない日本では貴重な存在でしょう。ホテルを利用するゲストたちも時期によってはアーティストが描く様子や、完成前の貴重な状態を見ることができます。

宿泊型アート作品の一部を覗いてみよう!

写真:BnA株式会社 広報

さて、実際のお部屋はというと、どれもとてもクリエイティブ!例えばEVERYDAY HOLIDAY SQUADが手掛ける「昼が見た夢 – daytime’s daydream」は東京の風景の中に潜む“街の記憶”を追想する空間。

写真:Yorimichi Kumi

ベッド枠が全て縁石でできていたり、部屋の一角に自販機や公園で見るようなゴミ箱があったりと、いつもは屋外に設置されているものがインテリアとして使用されています。

写真:Yorimichi Kumi

床として使用されているタイルは東京の街角の路面や壁面を3Dスキャニングし、3Dプリントの技術を応用して制作されました。標識の文字や野良猫の足跡まで丁寧に再現されています!
確実に部屋にいるのに、なんだか屋外にもいるような不思議な感覚が味わえます。

インスピレーションをもらえる部屋の数々

写真:Yorimichi Kumi

YOSHIROTTEN制作の「Float」という部屋は究極の休息やリセット、イマジネーションの増幅がテーマで、室内にメディテーション(瞑想)ができるようなスペースがあります。また、ゲスト自身が室内の光の色や音を好みの状態にできるコントローラーまで備えています。

写真:BnA株式会社 広報

続いて JONJON GREEN by Youta Matsuoka 制作の「The World After Five Minutes」。一見シンプルな部屋の印象ですが、室内の巨大な写真を見た瞬間全くシンプルでないことに気づかされるでしょう。
この写真はなんと「現実世界(この部屋)と鏡の関係にある別世界」ということで、同じ間取りの部屋を実際に一度ペイントして写真に撮った作品。このシンプルな部屋で「5秒間でこんなにも世界観は変わるのだ!」ということが実感できる、なんとも面白い部屋です。

写真:Yorimichi Kumi

ちなみに、内装もインテリアも部屋ごとに異なる「BnA_WALL」の唯一の統一品がアメニティー。とはいっても、他で見ることはないオリジナルのスタイリッシュなデザインです。

ホテルの周辺も進化中!

写真:Yorimichi Kumi

この「BnA_WALL」周辺でも日本橋の再開発は進んでおり、ホテルのすぐ近くにはCOMMISSARY(カミサリー)というニューヨーク風フードコートなどもできています。
また、ホテル1階のバーは宿泊者以外でも壁画を見ながら軽食やドリンクを楽しめるカフェ&バーとなっていますので、新しい日本橋散策の中で「BnA_WALL」に立ち寄ってみるのも良いかと思います。

こだわりが詰まったホテル「BnA_WALL」

クリエイティブ感いっぱいの「BnA_WALL」。やはりアートの素晴らしさは実際に行って体感してもらいたいものです。宿泊はもちろん、アートや音楽を楽しみに是非足を運んでみましょう。4月のオープンがとっても楽しみです!
2021年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
BnA_WALL (外部リンク)
https://bnawall.com/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
Yorimichi Kumi

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)