ホーム 旅行&おでかけ > スキー場ランキング(東日本)人気No.1「ルスツリゾート」(北海道)を徹底解剖!

スキー場ランキング(東日本)人気No.1「ルスツリゾート」(北海道)を徹底解剖!

2021.03.10

LINEトラベルjpスキー&スノーボード特集恒例のテーマ別スキー場ランキング。2020-2021シーズン、見事、イチオシ!人気スキー場(東日本編)で1位となったのが「ルスツリゾート」(北海道)。ビッグスケール、最高の雪質、充実のアクティビティなど、どれをとってもハイレベル。日本を代表するスノーリゾート、ルスツリゾートを徹底解剖!

全37コース・総滑走距離42kmのビッグスケール&“JAPOW”の聖地

写真:ルスツリゾート

ウエストMt.、イーストMt.、Mt.イゾラの3つのピークに、コース総数37本、総滑走距離はなんと42km。そんな、日本を代表するビッグスケールを誇るのが、北海道留寿都村にある「ルスツリゾート」です。
初級者でも楽しめるワイドなグルーミングバーンから、最大斜度40度という最上級の「スーパーイーストコース」まで、コースバリエーションも豊富。もちろん、スノーパークやキッズパークも充実しています。
今シーズンの注目は、ゲレンデベースに誕生した、スノーエスカレーター付きの「デビューパーク」(2020-2021シーズンは週末営業)。13歳以上が対象で、料金は2,000円。巨大LEDスクリーンがあり、スキー・スノーボードの初級テクニック動画が流れているので、はじめての方でも安心して練習できると評判です。

写真:ルスツリゾート

ルスツリゾートが位置するのは、蝦夷富士と呼ばれる「羊蹄山」の南東。北西からの厳しい季節風は避けながらも、大量のドライパウダーが降り注ぐ立地で、国内外のスキーヤー・スノーボーダーが憧れる“JAPOW(ジャパウ)”の聖地としても有名です。
また、太平洋側に近いことで、冬の晴天率も上々。写真のような「THE DAY」と呼ばれるパウダー&晴天も、ここ、ルスツリゾートではさほど珍しいことではないのです。

犬ぞり、アイスフィッシングなど、北海道ならではのダイナミックなアクティビティ

写真:ルスツリゾート

ゲレンデのスケールもさることながら、北海道ならではのダイナミックなアクティビティの充実もルスツリゾートの魅力のひとつです。
一番人気は、1周約400mのコースを走る犬ぞり。犬が引くそりにひとりで乗って操作するのですが、その操作法はいたって簡単。ちょっとしたレクチャーを受ければ、誰でも走らせることができます。
想像以上のスピード感と、自分を乗せて全力疾走する犬の姿は感動もの。最後はワンちゃんと一緒に記念撮影も可能です。

写真:ルスツリゾート

凍った池に穴を開け、ルアーやフライでニジマスを釣るアイスフィッシングもおすすめです。池の上を歩くのは怖いと感じるかもしれませんが、氷はかなり厚いので大丈夫。また、テントの中で釣りを楽しむことも可能なので、寒さもへっちゃらです。
5歳から体験可。周囲を雪山に囲まれた大自然のなかで、家族で楽しむアクティビティとしても人気を博しています。

選べる3つのホテル。コンドミニアム「THE VALE RUSUTSU」が新登場!

写真:ルスツリゾート

宿泊は「ウェスティン ルスツリゾート」「ルスツリゾートホテル&コンベンション」、さらには今季新登場の「The Vale Rusutsu」など、リゾート感満載のホテルが選び放題。それぞれ、客室タイプも豊富なので、旅のスタイルにあったホテル&客室を選びましょう。

写真:ルスツリゾート

2020年12月に誕生した「The Vale Rusutsu」は、コンドミニアムスタイルのプレミアムホテル。客室は全10タイプで、全室にシモンズ製のベッドとイタリア製のキッチンを装備。イーストMt.を遠望するリゾートビューか、人工物の見えないネイチャービューのいずれかが楽しめます。
カップルから三世代ファミリーまで、快適なリゾートライフを満喫できると評判です。

1泊ではもったいない充実度。リゾート滞在もしっかり楽しみたい!

写真:ルスツリゾート

リゾート滞在を思う存分満喫するとなれば、最初のチェックポイントは、やっぱりレストラン! ルスツリゾートには、自社農園のラム肉や野菜、ルスツ高原ポーク、さらには北海道産の海鮮類などにこだわったお店が多数。夕食も朝食も、どこで食べるか迷ってしまうこと間違いなしの充実度です。
おすすめは、やっぱりカニ。ズワイガニ食べ放題の「オクトーバーフェスト」のディナーは必食ですよ。

写真:ルスツリゾート

ルスツリゾートの顔ともいえるのが、2階建てメリーゴーランド「カルーセル」。じつは、このメリーゴーランド、屋内型としては世界最大級。夜はライティングもされ、映えスポットとしても人気です。しかも、こんな本格的なアトラクションが利用無料というのだから、驚きです!

写真:ルスツリゾート

もちろん、温泉も見逃せません。「ルスツ温泉・・ことぶきの湯」は2019年7月にオープンした明るく開放感のある温泉大浴場。露天風呂からは国立公園の山並みを一望できます。泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉で、美肌効果があると評判です。
そのほか、ジャグジー完備の「ウェスティンルスツ温泉」。温泉ではありませんが、羊蹄山の伏流水を使用した「サウスウイング大浴場」もあります。

ちょっと贅沢なスノーリゾート体験なら、ルスツでキマリ!

写真:ルスツリゾート

「イチオシ!人気スキー場」東日本編1位のルスツリゾート、いかがでしたか? 北海道という立地ゆえ、簡単に行ける場所ではない方が多いかもしれませんが、年に1回のちょっとリッチな旅行だったり、卒業旅行などのアニバーサリーに、ぜひおすすめしたいスノーリゾートです。
2020-2021シーズンの冬季営業は4月4日まで。まだ間に合いますよ。

ルスツリゾートの基本情報

住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13
電話番号:0136-46-3111
アクセス:(車)札幌市街地から約75km、新千歳空港から約85km (電車)JR函館本線 倶知安駅から路線バスで約60分
2021年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
記事協力:ハピスノ

■関連MEMO
テーマ別人気スキー場ランキング(東日本編)
https://www.travel.co.jp/senmon/jpn_ski/rank.html#east
テーマ別人気スキー場ランキング(西日本編)
https://www.travel.co.jp/senmon/jpn_ski/rank.html#west
ルスツリゾートの詳細情報(ハピスノ)
https://hapisnow.jp/snowresort/rusutsu-resort/
「ルスツリゾート」公式サイト
https://rusutsu.com/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
竹川 紀人

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)