ホーム コラム > 「望んでも来てくれないかも」コロナ禍の妊活。でも本当の不安は別だった

「望んでも来てくれないかも」コロナ禍の妊活。でも本当の不安は別だった

2021.05.04

現在、第1子を妊娠中のゴマフぱんださん。でも、ここまでくるには、いろいろなことがあったそう。学生時代からの生理不順、多嚢胞性卵巣症候群の判明……。それらを乗り越えて、妊娠するまでの様子をマンガで公開されています。

今回は第2話「#不安」をお届け。ゴマフぱんださんの不安の種が少し明らかになります。

「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?
「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?
「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?
「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?
「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?
「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?

このときも、今も、コロナに対する不安は大きいです……。「こんな時期に赤ちゃんを産んでもいいんだろうか……」とたくさん悩みました。そして、この点については「感染症対策をして気を付けるしかない!」と決意できました。

でも、私の不安はこれだけではなかったのです。「望んでも、赤ちゃんがきてくれなかったら……」。そう思ってしまうには、実は理由があったのでした。

次回に続きます。

監修/助産師REIKO

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)