ホーム 子育て > 「そこに誰かいるの…!?」娘が突然飛び起きて…思わずゾッとした話

「そこに誰かいるの…!?」娘が突然飛び起きて…思わずゾッとした話

2021.06.11

ようせい

体験談&マンガ投稿コンテスト開催中!

この記事は、「体験談&マンガ投稿コンテスト」の予選通過作品です。この体験談について「共感できた」「参考になった」と思った方は、記事のタイトル下にあるハートを押して応援をよろしくお願いします。感想コメントもお待ちしています!

※作品の募集は締め切りました。

※現在連載中のイラストレーター等にも任意でご応募いただいています。

何もないはずのところに…「何かいる」

長女が赤ちゃんのころ、何もない所をよく指差しすることがありました。長女が3歳に成長し、ある出来事が起きました。子どもにしか見えないものって、やっぱりあるのかな? と感じた私の体験談をご紹介します。

ようせい
ようせい
ようせい
ようせい
ようせい

赤ちゃんのころの「何もない所への指差し」はよくあることだと思い、あまり気にしていませんでした。ですが、3歳になってからのこの出来事には驚きました。

この出来事のあとにも「何の音?」と突然聞いてくることがあったり、誰も通ってないのに部屋のセンサーライトが点いたりすることがあったので、きっと子どもにしか見えない妖精さんや小人さんがわが家に住んでいるのだと思います。いえ、そう思わせてください……。

監修/助産師REIKO

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)