ホーム 旅行&おでかけ > アデレードの人気シーフードレストラン「フィッシュバンク」

アデレードの人気シーフードレストラン「フィッシュバンク」

2021.06.16

海に囲まれたオーストラリアで必ず味わいたい「シーフード」。海に面した新鮮な素材の宝庫である南オーストラリア州アデレードに訪れたら、古い銀行を改装した雰囲気のいいレストラン「フィッシュバンク」で新鮮なシーフードをいただきましょう。

アデレードにあるシーフードレストラン「フィッシュバンク」

写真:Mayumi Iwasaki

アデレード中心街の南端、美術館や大学が立ち並ぶ文化地区「ノーステラス(North Terrace)」とメインストリート「キング・ウィリアム・ストリート(King William Street)」の角にあるのが、今回ご紹介するシーフードレストラン「フィッシュバンク・アデレード(Fishbank Adelaide)」です。

写真:Mayumi Iwasaki

フィッシュバンクはその名の通り「シーフード」にフォーカスしたレストランです。地元の南オーストラリア州をはじめオーストラリア各地で獲れた新鮮な魚介をふんだんに使い、旨味がたっぷり詰まった絶品の海鮮料理を提供しています。

写真:Mayumi Iwasaki

2020年10月にオープンしたばかりとまだ日は浅いですが、既にアデレードの地元民をはじめ、様々な食通達を唸らせている話題の人気レストランです。

元銀行の建物を改装した荘厳なインテリア

写真:Mayumi Iwasaki

石造りの荘厳な建物は1941年に建てられたニュー・サウス・ウェールズ銀行(Bank of New South Wales)のアデレード支社だったもの。ヨーロッパ建築を踏襲した美しい建物は、州の歴史遺産にも指定されています。まるで映画のセットのような歴史を感じる重厚感と、モダンなインテリアのバランスがいい洗練された空間です。

写真:Mayumi Iwasaki

天井が高い大空間の奥には青く光る横長のモニターが。その下の厨房でシェフ達が忙しなく動く様子も一望でき、料理ができる過程までドラマティックに演出されています。彼らのテキパキした動作を見ているだけで、どんな料理が出てくるのか期待が高まりますね。
因みにモニターに流れる海をイメージする抽象的な映像はイギリス人映像作家Amanda Bluglass氏の作品で、ここに映し出される為だけに作られたインスタレーションです。

写真:Mayumi Iwasaki

「旧銀行」の面影を残す場所を更に味わいたいなら、是非地下にあるトイレへ。地下金庫室をそのままトレイ兼化粧室として使用しており、鉄格子や重々しい金庫のドアなどがそのまま残されています。
因みにこちらのトイレ、あるサイトでアデレードの飲食店にあるトイレBEST5に選出されたこともあります。

見た目もおいしい新鮮なシーフード料理

写真:Mayumi Iwasaki

メニューには美味しそうなシーフードがズラリと並びます。スターターの定番であるオイスター(生牡蠣)は、小粒で濃厚なシドニー・ロック・オイスターも捨てがたいですが、アデレードに訪れたら南オーストラリアのコフィン・ベイ(Coffin Bay)産の、肉厚でクリーミーなパシフィック・オイスターをトライしておきたいですね。

写真:Mayumi Iwasaki

アサリやハマグリのような食感のピピ貝のトマト煮込みは、ピリ辛スパイシーな味わいが食欲をそそります。ピピ貝の旨味がたっぷり凝縮されたソースは、パンに付けて全て味わいたいほど美味。シェフ一押しの人気メニューです。

写真:Mayumi Iwasaki

魚の部位を可能な限り全て使用する「持続可能な調理」を目指しているだけあり、どの料理も魚介の食感や出汁の旨味を最大限に引き出したものばかり。料理によってアジア風味のものもあり、多国籍な創作料理が楽しめます。

南オーストラリア州のワインを堪能

写真:Mayumi Iwasaki

こちらのワインリストでは南オーストラリア産のワインを中心に、世界各国のワインを取り揃えています。オーストラリア有数のワイン州に訪れたら、是非「南オーストラリア州」産のワインを味わいたいですね。
南オーストラリア州にはバロッサ・ヴァレー(Barossa Valley)やクナワラ(Coonawarra)など赤ワインで有名な産地が多いですが、やはりシーフードレストランということで白ワインの種類が豊富です。是非キリッと冷えた白ワインで乾杯しましょう。
「南オーストラリア州・アデレードヒルズのワイナリー巡り」については別の記事で詳しくご紹介していますので、関連MEMOのリンクからお読みください。

写真:Mayumi Iwasaki

140席あるテーブル席とは別に、バーテンダーが常駐するバーカウンター席もあります。ワイン以外にもウィスキーやジンなどのスピリッツ系も充実していて、フィッシュバンクならではの「魚」をテーマにしたカクテルにもトライしたいですね。

最高の雰囲気と料理とおもてなし

写真:Mayumi Iwasaki

店員さん達のホスピタリティが素晴らしく、どの店員さんもメニューやシーフードの知識に長けているので、料理の質問にもきめ細かに対応してくれます。そして何よりも皆、笑顔でフレンドリー。店員さんの印象がいいとそのお店の印象も更にアップして、また訪れたくなってしまいます。

写真:Mayumi Iwasaki

元々街自体がコンパクトなアデレードですが、そのアデレード中心部から歩いてすぐの好立地にあります。お店の雰囲気も良く、お料理のクオリティも素晴らしいのに、フレンドリーな接客で決して敷居は高くありません。アデレードで必ず訪れておきたい、素敵なシーフードレストランです。
「アデレードの街巡り」については別の記事で詳しくご紹介していますので、関連MEMOのリンクからお読みください。

フィッシュバンク・アデレードの基本情報

住所:GROUND LEVEL, 2 King William St, Adelaide SA 5000
電話番号:+61-8-8310-0120
営業時間:
月 - 金 7:00〜0:00
土 - 日 11:30〜0:00
2021年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
フィッシュバンク・アデレード(外部リンク)
https://fishbankadel.com.au/
オーストラリア有数のワイン産地・アデレードヒルズでワイナリー巡り
https://www.travel.co.jp/guide/article/46307/
豪アデレードの魅力を存分に満喫する5つの方法
https://www.travel.co.jp/guide/article/46219/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
Mayumi Iwasaki

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)