ホーム 旅行&おでかけ > お弁当箱持って京都へ!「Zero Waste Kyoto」は体験型エシカルショップ

お弁当箱持って京都へ!「Zero Waste Kyoto」は体験型エシカルショップ

2021.07.10

京都市役所の北側・寺町通りにオープンした「Zero Waste Kyoto」は、名の通り「Zero waste(無駄ゼロ)」をコンセプトに、関西の食材が量り売りで買えたり、安心安全な野菜を使った料理が楽しめたりと、地球や人に優しいコンテンツがギュッと詰まったお店です。ゴミになるプラスチック類はゼロという買い物や食事が、いかに心地よくて楽しいかを実感できます!

ノンパッケージの商品達

写真:なおぢ はるみ

「Zero Waste Kyoto(ゼロウェイスト京都)」があるのは、老舗のお茶屋やアンティークショップが建ち並び、地元の人達と旅行者が程よく交錯するエリア。爽やかな白壁の建物が「Zero Waste Kyoto」です。

写真:なおぢ はるみ

店内に一歩入ると、食材がズラリ!
1階は食品の量り売り、ジェラードや野菜や豆腐のコーナー、惣菜やイートインスペースがあります。2階はワインセラーとアーユルヴェーダにまつわる商品が並び、予約制のアーユルヴェーダサロンにもなっています。

写真:なおぢ はるみ

壁には、滋賀県「針江のんきぃふぁーむ」の無農薬無化学肥料栽培で作られたお米、丹波黒豆などの豆類、京都の人気コーヒースタンド「WEEKENDERS COFFEE」のコーヒー豆などがズラリ!
生産地や販売所などの出所表示やグラム単位の価格などが、ショーカードで確認できます。ビニール袋で包装された商品は一つもありません。
自宅にあるお弁当箱などの保存容器を持参して購入する量り売りスタイルですが、容器を持っていないお客様には有料で容器や袋が用意されていますよ。

これも量り売りで買えるの?!

写真:なおぢ はるみ

「Zero Waste Kyoto」には京都ならではの商品も多く、旅行者にとって嬉しいお店です。例えば、オイルの売り場では、京都へんこ「山田製油」のエキストラバージンごま油も量り売りで買えます。「山田製油」の人気商品、練りごまもお土産にお勧めですよ!

写真:なおぢ はるみ

こんな商品も量り売りで買えるの?!とびっくりするような、通常のスーパーマーケットとは一線を画す品揃えも、「Zero Waste Kyoto」の魅力です。
上の画像は、京都・宇治田原町「喜右衛門」の白大豆味噌。有機農法で育んだ材料を使った手作り味噌です。ディッシャーで必要な量を自分ですくい、容器に入れるセルフスタイルです。

写真:なおぢ はるみ

「豆腐の泉」と名付けられた売り場には、京都「久在屋」から届くこだわり豆腐が、水を張った桶でゆらゆら。こちらは入荷するとすぐ売り切れてしまう人気商品!
「Zero Waste Kyoto」は、こんな風に楽しい売り場があるほか、京都「藤原食品」とコラボした「納豆サブスクリプション」を提案するなど、お買い物を楽しむエンタメ性が高いお店なのです。

量り売り商品の買い方

写真:なおぢ はるみ

「Zero Waste Kyoto」の量り売りお買い物方法について、簡単にご紹介します。
店内に設置してある測りに、同じく店内にある容器やトレーまたは持参した保存容器を置いてその重さを差し引いてから、購入したい商品を入れていきます。

写真:なおぢ はるみ

用意されているトングやお玉などで、気になる商品を容器に入れましょう。1アイテム入れる度、測りの画面をタップすると、重量あたりの料金シールが印字されます。

写真:なおぢ はるみ

その料金シールを木製の値札に貼り付けます。例えば、上の画像では、ドライフルーツのパイナップルとマンゴーを購入。2枚の料金シールを値札に貼ります。パンは1個ずつの価格設定なので、料金シールは不要です。
この状態でレジカウンターに持って行きます。持参の容器がなければ、有料容器(サトウキビ製BOXやコットン製オリジナル巾着袋など)を選んで精算。これでお買い物完了です。

食材の生命力に驚く

写真:なおぢ はるみ

「Zero Waste Kyoto」には、惣菜の量り売りや、ランチやお菓子を楽しめるイートインスペースもあります。
提携農家から届く地球と人に優しい農法で育てられた野菜を、できるだけ捨てる部分が出ないように一物全体で調理されたお惣菜達。一口食べた途端、美味しさと同時に、食材が持つ生命力のパワフルさに驚きます。

写真:なおぢ はるみ

ランチメニューも用意されていますよ。上の画像は、古代小麦から作ったクスクのプレート。たっぷり野菜と、クスクスと和えるスープなどがついています。
そのほか、京都ヴィーガンベーカリー「アペリラ」のパンを使ったサンドイッチや、京都「久在屋」の豆乳を使った鹹豆漿など、「素材は京都&メニューはワールドワイド」という遊び心たっぷりのランチバリエーションが楽しめます。

写真:なおぢ はるみ

京都の自然食品店「Premarche」から届くジェラードもあるので、ランチ後のデザートにぜひご賞味を!
スーパーフードを使った種類やヴィーガン対応のものもありますよ。

アーユルヴェーダで癒される

写真:なおぢ はるみ

2階では、アーユルヴェーダをテーマにしたサービスも展開しています。
ドーシャを整える石鹸が1センチ単位でカットして購入可能。トリートメント石鹸も合わせて買うと、よりアーユルヴェーディックなライフスタイルが楽しめますね。

写真:なおぢ はるみ

京都「ShinSen」のアーユルヴェーダトリートメントも予約制で受けられます。トリートメントに使用したマッサージオイルも量り売り! ホテルに帰ってからも、オイルマッサージでセルフケアできますね。

写真:なおぢ はるみ

地元に愛された老舗のケーキ屋「シェラメール」が移転した跡地に生まれた「Zero Waste Kyoto」。「シェラメール」から受け継いだ扉や棚をリメイクして使っているところも、「Zero waste(無駄ゼロ)」のコンセプトが感じられます。
無駄の出ない消費スタイルが、いかに心地よく楽しいかを体験できる「Zero Waste Kyoto」は、次世代旅行のニュースポットになりそうですよ。
さあ次の京都旅は、旅行カバンにお弁当箱を入れて、いざ出発!

Zero Waste Kyotoの基本情報

住所:京都府京都市中京区久遠院前町673-1
アクセス:地下鉄東西線「京都市役所前」駅11番出口 徒歩7分
定休日:月曜日
営業時間:10:00〜20:00
2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
Zero Waste Kyoto WEBサイト(外部リンク)
https://zerowaste.kyoto/
Zero Waste Kyoto Instagram(外部リンク)
https://www.instagram.com/zerowastekyoto/

【トラベルjp・ナビゲーター】
なおぢ はるみ

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)