ホーム 旅行&おでかけ > 祟りか偶然か!?奈良「平城京」の賑わいと悲劇の「長屋王」を偲ぶ

祟りか偶然か!?奈良「平城京」の賑わいと悲劇の「長屋王」を偲ぶ

2021.06.30

大型施設ができても、なぜか撤退してしまう商業地が奈良にあります。
経緯を詳しく知る地元の人達の間では、ある非業の死を遂げた奈良時代(710~784)の人物の祟りではないかと、囁かれています。
そもそも、この地にある大型商業施設ができる際、この人物にゆかりある史跡を約1260年ぶりにあばき、その上に施設を建設してしまったことが原因だとか。
今回は、この噂が囁かれるスポットとその周辺を巡ります。

閉店続く長屋王邸跡

写真:花月 文乃

その噂が囁かれる場所に、2003年に開業したイトーヨーカドー奈良店は、2017年に閉店。実は、店舗の閉鎖はこれが初めてではありません。イトーヨーカドー奈良店があった敷地には、以前、奈良そごうがありました。
奈良そごうは、1989年にオープン。しかし、2000年には、そごうが民事再生法が適応され奈良店は、閉鎖しました。その後、店舗への入居者はなかなか現れず、3年後にイトーヨーカドーが入居し、開店したという経緯があります。
この一連の出来事に、地元の人たちの間では、長屋王の祟りではないかと、密かに囁かれています。

写真:花月 文乃

長屋王は、奈良時代の力のある政治家でしたが、藤原氏の策略により、無実の罪を着せられ、一族もろとも自害した悲劇の人物です。
奈良そごうの出店が決まったとき、建設予定地から約四万点の木簡と長屋王の邸宅跡が出土しました。史跡として残すべき、という地元民や研究者の声に反して、そごうは予定どおり建設され、2000年に倒産。
敷地内には、長屋王屋敷跡を奉る祠と、長屋王邸宅跡を示す碑があります。
<長屋王邸宅跡基本情報>
住所:〒630-8012 奈良県奈良市二条大路南1丁目3-1
アクセス:近鉄新大宮駅から徒歩約10分

鑑真に来日を決意させた長屋王

写真:花月 文乃

世界遺産・唐招提寺は、奈良時代の759年に鑑真が建立した寺院です。鑑真は、中国・唐の高僧です。
奈良時代、僧侶になると税の負担がなくなることから、国の許可をえずに勝手に僧になる私度僧が増え、問題になっていました。朝廷は、正式な僧侶への授戒制度の整備のため、唐から日本へ戒律を伝えることができる僧侶を招くことにします。
733年に普照と栄叡という僧侶が唐に渡りますが、戒律を日本へ伝える高僧は9年もの間、見つけることができませんでした。
当時、唐では国民の出国は死罪、出国しても船が難破せずに日本に着く確率はわずか、5割程度。遠い異国の地、日本へ、そこまでして渡ろうという僧侶は皆無でした。
そんな中、742年に鑑真に出会います。
弟子達へ日本への渡航の意思を尋ねる鑑真に、誰一人として手をあげる者はおらず、鑑真はこういいます。
「それなら私がいきましょう。」と。
普照と栄叡を前に、鑑真は長屋王が唐の僧侶に寄進した千枚の袈裟と、そのへりに刺繍してあった、感慨深いある漢詩にふれます。
山川異域 風月同天 寄諸仏子 共結来縁
(山川は日本と中国では異なっても、風や月の営みは同じ空にある。同じ風や月を仰ぎ、大勢の仏弟子が集まり共に来るべき縁を結ぼう。)
この漢詩に心動かされた鑑真は、危険な日本への渡航を決意したといいます。奈良時代にかかれた鑑真和上の伝記、「唐大和上東征伝」には長屋王が、717年の第9次遣唐使派遣の遣唐使に、袈裟千枚を託したと記されています。
鑑真は、5回の渡航の失敗にもめげずに来日し、奈良に唐招提寺を開基しました。
<唐招提寺基本情報>
住所:〒630-8032 奈良県奈良市五条町13-46
電話番号:0742-33-7900
アクセス:近鉄西ノ京駅から徒歩で10分

写真:花月 文乃

長屋王(684~729)の父は天武天皇の長男、母は天智天皇の娘で、血統的にも高貴で、官僚としても有能な人物でした。
文化人としても知られ、邸宅では詩や歌の会がしばしば開かれ、その詩歌は懐風藻や万葉集にみられます。長屋王はまた、長屋王願経という大般若経全巻の書写、そして、唐の僧侶への袈裟の寄進からも分かるように、熱心な仏教徒でもありました。
724年に、東大寺を建立し大仏を造立したことで知られる聖武天皇が天皇に即位すると、長屋王は、右大臣から当時の最高官位の左大臣へ昇進します。
聖武天皇の母親は、藤原不比等の娘、宮子です。
それまで、父母ともに皇族の血をひく者が天皇に即位するのが通例だったのに反して、聖武天皇の即位は異例のことでした。この即位を心よく思わず、以前と同じ皇族中心の政治を目指す人々にとって、両親ともに皇族の血を引く長屋王は実力ともに求心力のある存在でした。
そして、朝廷を支配したい藤原氏にとって、長屋王は、警戒する人物となっていきます。
<東大寺基本情報>
住所:〒630-8211 奈良県奈良市雑司町406-1
電話番号:0742-22-5511
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩約16分

優雅な暮らしを突然襲った悲劇!長屋王の変

写真:花月 文乃

長屋王邸宅跡には、710年から729年までの19年間、長屋王が暮らした邸宅がありました。
邸宅跡から、見つかった木簡に「新王宮、大贄(おおにえ)」の文字があります。新王宮は、天皇の皇子に使われる名称で、大贄 は天皇に献納する品物の意味。このことから、長屋王が天皇の皇子の待遇を受けていたことが分かります。また、長屋王の住居は、天皇の住居に順する広さだったといいます。
平城京に住む住民の宅地は、国から身分(位)に応じて支給され、高位の貴族ほど平城宮に近く、広い宅地が与えられました。長屋王の邸宅は、平城宮近くにありました。
長屋王の邸宅の広さは、推定6万平方メートル。甲子園球場の約1.5倍、東京ドームの1.34倍です!内部は、王の住居地区、王家の事務所地区、使用人の住居地区と区画されており、使用人は約500人、専属の職人の工房が立ち並び、鶴や馬、犬が飼われていました。
そんな優雅な暮らしを、突然の悲劇が襲います。
729年、聖武天皇の元に、ある密告がありました。長屋王が国家を転覆しようと企んでおり、1年前に聖武天皇の男子が亡くなったのも、長屋王の呪詛によるものだというのです。
この密告をうけ、派遣された兵が長屋王の邸宅を取り囲みました。自宅を包囲され、死を悟った長屋王は、妻子と共に自害します。
この悲劇の舞台が、長屋王邸宅跡です。

平城宮と天皇・貴族の暮らし

写真:花月 文乃

長屋王邸宅が、平城宮近くにあったことから、長屋王邸宅跡の周辺スポットには、世界遺産・古都奈良の文化財「平城宮跡」があります。
<平城宮跡基本情報>
住所:〒630-8003奈良県奈良市佐紀町
電話番号:0742-30-6753
アクセス:大和西大寺駅[出口2]から徒歩約20分

写真:花月 文乃

平城宮跡にある、平城宮跡資料館は、天皇の住まいや官公庁が集まっていた平城宮跡について詳しく知ることができる施設です。平城宮跡から出土した木簡や生活用具などが展示されています。

写真:花月 文乃

常設展の、宮殿復原展示コーナーには、天皇や貴族が暮らしていた宮殿を4つの部屋で再現しています。ここでは、当時の天皇や貴族の暮らしを、より具体的に感じることができます。
常設展の他にも企画展示室があり、年に数回企画展が開催されています。
<平城宮跡資料館基本情報>
住所:〒630-8003 奈良県奈良市佐紀町
電話番号:0742-30-6753
アクセス:大和西大寺駅から徒歩約10分

平城京左京三条二坊宮跡庭園

写真:花月 文乃

長屋王邸宅跡から道を挟んだ正面には、平城京左京三条二坊宮跡庭園があります。
平城京左京三条二坊宮跡庭園は、1975年の発掘調査で発見された奈良時代の庭園で、1978年には国の特別史跡に指定されました。
平城宮の離宮的な施設、もしくは、皇族などの邸宅であったとも考えられるため、宮跡庭園と呼ばれます。

写真:花月 文乃

復原整備された玉石を敷き詰めたS字状の池を中心に、池の背景に東にある春日山、御笠山などの山並みが望めるよう、西側に建物が配置されています。池の幅は15メートル、延長50メートル、水深約20センチメートルあり、発掘調査でみつかったものをそのまま露出展示しています。
池に酒杯を浮かべ、詩歌をつくる曲水宴を催すことも可能な宴遊施設であったと推測され、長屋王らの優雅な生活を思わせます。
平城左京三条二坊宮跡庭園は、公開から長い年月が経過したため、園池の一部に生じた劣化の修理を2014年から行っています。修理は2018年までかかる見込みですが、詳しいことは再確認が必要です。
<平城京左京三条二坊宮跡庭園基本情報>
住所:〒630-8013 奈良市三条大路1-5-37
電話番号:奈良市文化財課 0742-34-1111
アクセス:近鉄新大宮駅から徒歩約10分

呪いは気になるが…奈良時代の貴族の暮らしと歴史を訪ねるルートに

長屋王邸跡にたつ、閉店したイトーヨーカドー奈良店は、2018年春に観光型複合商業施設として新規グランドオープン予定です。
館内には簡易宿泊施設や金魚の産地、大和郡山市にちなみ、大型水槽で泳ぐ金魚を眺められる金魚アクアリウム、忍者の衣装をきて記念撮影ができる忍者屋敷など、観光を意識した内容になっています。
長屋王の祟り?が続くかどうかは分かりませんが、平城宮跡、長屋王邸宅跡、平城左京三条二坊宮跡庭園と合わせて、当時の貴族の暮らしや平城宮、政治情勢について知る旅のついでに、立ち寄りたい商業施設となりそうです。
2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
平城京三条二坊宮跡庭園
http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1159403572341/
平城宮跡クイックガイド
http://heijo-kyo.com
華厳宗大本山 東大寺
http://www.todaiji.or.jp
唐招提寺
http://www.toshodaiji.jp/about.html
平城宮跡資料館
https://www.nabunken.go.jp/heijo/museum/index.html

【トラベルjp・ナビゲーター】
花月 文乃

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)