ホーム レシピ > 遅くなった夜ごはんに。真夜中ごはんにピッタリな野菜たっぷりスープレシピ

遅くなった夜ごはんに。真夜中ごはんにピッタリな野菜たっぷりスープレシピ

2018.02.22

疲れて帰ってきた夜はスープでほっこり

お仕事や育児で忙しい現代女性。ついつい夜ごはんが遅くなってしまった……なんてこともよくあるんじゃないでしょうか?そんな人には作り置きできて栄養たっぷりな野菜スープがオススメ。疲れたカラダをホッと癒してくれますよ。
押し麦入りミネストローネのレシピ

【材料(2人分)】・ベーコン……2枚・にんにく……片・玉ねぎ……中1個・にんじん……中1/2本・キャベツ……2枚(80g)・大根……4p・押し麦……30g・セロリ(お好みで)……1/2本(50g)・さやいんげん(お好みで)……40g・じゃがいも(お好みで)……1個
・オリーブ油(サラダ油でも可)……小さじ2・塩、こしょう……各少々・コンソメブイヨン……400ml・ローリエ……1枚
【作り方】@ ベーコン、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、大根は1〜2cm角に切る。にんにくはみじん切りにし、押し麦はさっと洗う。お好みでセロリ、さやいんげん、じゃがいもを入れる場合はこのとき一緒に切る。
A 鍋にすべての材料を入れ、ふたをして弱火で20分ほど煮込む。
B アクを取って、塩・こしょうで味を調えて出来上がり。
【炊飯器で作る場合】すべての材料を炊飯器に入れたら白米(普通)コースで炊飯し、最後に塩・こしょうで味を調えて完成。
押し麦や根菜は腸をキレイにする食物繊維、身体の調子を整えるビタミンが豊富です。デトックスやダイエット中にも重宝します。
レシピ監修/藤井香江
丸ごと玉ねぎスープのレシピ

【材料(2人分)】・玉ねぎ……2個・水……600ml・スープの素……1個・塩……少々
【作り方】@ 玉ねぎは皮をむいて上下を切り落とす。
A 鍋に水と玉ねぎ、スープの素を入れて強火にかける。
B 煮立ったら弱火にして1時間程度、芯まで柔らかくなるまで煮込む。塩で調味して完成。
材料を2〜3倍にして多めに煮込んでおけば、自然の甘みでおやつにもぴったり。冷蔵庫で3〜4日保管できます。
レシピ監修/beautyeditor.jp 大塚真里
生姜トマトスープのレシピ

【材料】・生姜……1かけ・玉ねぎ……1個・にんじん……4p・ブロッコリー……1/4本・きのこ……1/2パック・鶏肉……100g・ホールトマト……1/2缶・チキンコンソメ……固形 1個・塩コショウ……少々
【作り方】@ 生姜はスライスに、他の野菜も切る。★ポイント 野菜は大きめにカットすることで、よく噛んで食べるため満腹感を感じやすくなります。
A 鶏肉を炒めて焼き目がついたら、野菜、生姜類を加えて炒める。
B ホールトマトを入れてひと煮立ちさせます。
C 最後にチキンコンソメと塩コショウで味を整えます。
生姜とトマトが実は美味しい組み合わせ。合わせる野菜はお好みで代えてください。冷蔵庫の残り物を使ってもいいですね。生姜で体の中からぽかぽか、寒い朝にも嬉しい一品です。
レシピ監修/Beautyfood.labo
お野菜の栄養を丸ごと取り込める野菜スープ。多めに作ってポタージュにしたり、洋風味噌汁にしたり、ご飯やパスタを加えたり、アレンジが自在なのも嬉しいところ。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

提供元:AUTHORs Beauty

シェア Google+
P R