ホーム 旅行&おでかけ > こんな手があった!?スキー・スノボ旅行に格安で行く5つの方法

こんな手があった!?スキー・スノボ旅行に格安で行く5つの方法

2021.12.22

スキー・スノーボードはお金がかかると躊躇していませんか。東京からだと遠く感じてしまう、雪山…。一面銀世界に彩られた大自然は冬ならではの景色です。しかし、そこへ辿り着くまでには移動、宿泊、レンタルなど考えることが多く、面倒だと感じてしまう方も少なくありません。実は事前に調べてみると意外と見つかる宿泊費やリフト券を安く抑えられる方法。今回はスキー・スノボ旅行を格安で行く方法5つをご紹介します。

まずはホームページで宿泊プランをチェック

写真:浅井 みらの

行きたいスキー場が決まったら、まずはそこのホームページを覗いてみましょう。スキー場のホームページでは、スキー場の積雪やコースなどの詳細情報が掲載されているだけでなく、周辺の宿泊施設を紹介している場合が多いです。スキー場の宿泊施設はペンションや民宿が多く、なかには格安で泊まれる場合も。長野県「竜王スキーパーク」では、宿泊・食事・リフト券がセットになったお得なプランを紹介しています。

今日は何の日?特別日でリフト券が格安に

写真:浅井 みらの

スキー場では、リフト券が安くなる特別日を設けていて最大半額で手に入れられることも。ホームページで紹介している場合が多く、新潟県「神立スノーリゾート」は、平日だと女性の場合、リフト券と入浴券のセットが半額近くで購入できるなど、太っ腹なサービスを受けられます。
他にもファミリーの強い味方が、小学生以下のリフト券が無料になるスキー場。長野県「志賀高原・焼額山スキー場」、新潟県「妙高杉ノ原スキー場」「かぐらスキー場」が実施。また毎月第3日曜日は“スキーこどもの日”ということで、多くのスキー場がこどもリフト券を無料にしています。

ガッツリ派に吉報!シーズン券で他ゲレンデも安く!

ガンガン滑りたい人にはシーズン券がおすすめですが、シーズン券によっては複数のゲレンデで割引を受けられることも。
新潟県「神立スノーリゾート」、長野県「X-JAM 高井富士」「よませ温泉スキー場」などはマックアースのグループスキー場ということで、「神立スノーリゾート」のシーズン券を提示すると同じグループ内のスキー場リフト券もお得に購入できます。
さらに「神立スノーリゾート」は、福島県「アルツ磐梯」「猫魔スキー場」、新潟県「奥只見丸山スキー場」とも相互提携しているので、割引対象となります。

ふるさと納税でリフト券が手に入る!

写真:浅井 みらの

納税と引き換えに地域の名産品が手に入る、ふるさと納税。最近になり、さらに注目を集めていますよね。お肉や果物など食べ物のイメージが強いですが、実はスキー場のリフト券をお礼の品にしている場所も。長野県「湯の丸スキー場」「野沢温泉スキー場」など。ほかに「白馬エリア」ではスキー場9つで使える共通リフト券があります。
リフト券1日券以外にも、レンタルとセットになったものや、シーズン券など引き換え品の種類も豊富。11月から12月にかけて登場しますので、シーズン前に計画を立てつつ購入してみてはいかがでしょうか。

自治体のホームページにアクセスしよう!

写真:浅井 みらの

自分の住む市町村が他の自治体と交流があったり、姉妹都市協定を結んでいたりすると、その間で宿泊が安くなる場合があります。例えば、東京都調布市は長野県木島平村と姉妹都市の関係。調布市民が調布市役所に申請すると、木島平村での宿泊費が助成されます。
他にも東京都世田谷区では、新潟県十日町市の宿泊施設が割安で泊まれます。冬限定ではなく、通年使える制度なのも嬉しいポイントです。自治体のホームページで紹介されていますので、ぜひ一度確認してみてください。

自分が住んでいる自治体だけでなく、ゲレンデがある自治体の情報チェックもお忘れなく。長野県では「この冬どこ行く?ウェルカム信州アクティビティ割!」という平日限定のキャンペーンを実施しており、リフト券を最大50%割引で購入できます。
さらに2021-2022年に限り、宿泊補助を実施している自治体も多く、北海道札幌市の「サッポロ冬割」の場合、1人1泊6,000円以上で5,000円の割引だけでなく、地域クーポン2,000円分が付いてきます。検索する場合は、自治体名に加え、観光復興支援策、キャンペーンといった言葉を列挙すると特設ページを見つけやすいですよ。

この冬に実践してみて

昔に比べ、スキー場に出掛ける人々は年々減少傾向だと聞きます。その分、リフト券が格安になる特別日を設けたり、色々なイベントを催したりと、スキー場では多くの人たちが楽しめるよう工夫が感じられます。スキーヤー・スノーボーダーにとって、今がお得に雪山を満喫できる大チャンス。ぜひこの機会に、冬の思い出作りに出かけてみてはいかがでしょうか。
2021年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
雪が豊富な3月に行きたい!スキー・スノボにおすすめスキー場5選
https://www.travel.co.jp/guide/article/31363/
滑った後は温泉も!おすすめスキー場5選
https://www.travel.co.jp/guide/article/31375/
意外と近い!関東から日帰りで楽しめるおすすめのスキー場5選
https://www.travel.co.jp/guide/article/31516/
リフト券が無料・格安になる「雪マジ!19・20」対象のおすすめスキー場10選
https://www.travel.co.jp/guide/article/31528/
これが節約になる!日帰りスキー・スノボに格安で行く5つの方法
https://www.travel.co.jp/guide/howto/173/

【トラベルjp・ナビゲーター】
浅井 みらの

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ