ホーム 旅行・おでかけ > 無料で楽しめる シンガポールのナイトスポット3選

無料で楽しめる シンガポールのナイトスポット3選

2018.05.08

日本でも人気渡航先の上位にランクインしているシンガポール。国全体をあげて観光客を呼び込む工夫をしているので、観光スポットが次々とオープンしてどこに行こうか迷ってしまいます。
そしてシンガポールはナイトスポットが賑わう夜が本番。夜を楽しまなければもったいない!海外の夜を楽しむのが苦手な方のために、無料で楽しめるナイトスポットを3つ厳選してお届けします。

巨大ツリーによる光の乱舞 OCBCガーデン・ラプソディ

写真:アシュ 飯田

屋上のインフィニティプールが有名なホテル「マリーナベイ・サンズ」に隣接する人工の植物園、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。
20m以上もある人工のスーパーツリーが、近未来的な雰囲気を放つシンガポール屈指の観光スポットです。
昼間にも訪れても広大な植物園を十分に楽しめるのですが、特におすすめなのが夜のショー「OCBCガーデン・ラプソディ」です。

写真:アシュ 飯田

巨大なスーパーツリーを彩り目まぐるしく変化するライティングと、世界中の人々に愛される名曲が織りなす光と音のショーは必見。
仰向けに寝転がりながら夜空を見上げると、180°覆う光の世界に落ちていく感覚を味わえてまた違った楽しみ方もできます。
少し遅めの時間に上演されるので、ディナー後のお散歩ついでにいかがでしょうか?
・開始時間(毎日)
1回目:19時45分
2回目:20時45分
<基本情報>
住所:18 Marina Gardens Dr
電話番号:+65-6420-6848
アクセス:MRT ダウンタウン・ライン、サークル・ライン ベイフロント駅から徒歩5分

光と水と音のシンフォニーによるナイトエンターテインメント

写真:アシュ 飯田

マリーナベイ・サンズの目の前に広がるマリーナベイを背景に毎夜楽しめる光と水と音のショーがSPECTRA。(2017年まではWONDER FULLという名称でした)
多民族国家であるシンガポールの変遷や歴史をテーマに、千変万化する噴水に投影された映像を用いてダイナミックに表現した美しいショーです。

写真:アシュ 飯田

まるで生きているかの様な噴水がオーケストラの音楽に合わせて舞い踊るだけでも感動しますが、噴水に映し出されるプロジェクションマッピングとのハーモニーがまた格別。
目まぐるしく変わる演出の迫力に、瞬きを忘れるほどの興奮を味わえます。
10分あまりと短いですが、無料で見ることができるため開始20分前には人が集まり始めます。
最前列のデッキは撮影目的の方が特に早く陣取るので、目の前で迫力あるショーを見たい方は30分前には行かれることをおすすめします。
ただし、風向きが悪いと噴水の水をもろにかぶることになるので要注意!
・開始時間
日曜日〜木曜日 : 午後8時および9時の2回上演
金曜日および土曜日 : 午後8時、9時、10時の3回上演
<基本情報>
住所:10 Bayfront Avenue
電話番号:+65-6688-8868
アクセス:MRT ダウンタウン・ライン、サークル・ライン ベイフロント駅から徒歩3分

もうガッカリスポットとは言わせない 夜のマーライオン

写真:アシュ 飯田

シンガポールと言えばマーライオン。
残念ながら小便小僧、人魚像と並び世界3大ガッカリスポットと言われている名所ですね。
しかし実際に訪れてみると、マーライオン像自体は8mほどもあり水が口から吹き出している様は迫力満点。
遠近法を利用したトリックフォトは、定番ながらも思い出深い一枚になると思います。

写真:アシュ 飯田

そして写真が映える時間帯は夕方から夜にかけて。
真っ白な像に鮮やかな光の模様が化粧され、次々と変化するマーライオンの衣装に気分も上がりますよ。
薄暗くなる黄昏時に行われる、マーライオンのプロジェクションマッピングショーは必見です。
<基本情報>
住所:21 Esplanade Dr
アクセス:MRT イーストウエスト・ライン、ノースサウス・ライン ラッフルズ プレイス駅から徒歩10分

写真:アシュ 飯田

徒歩ですべて周れるナイトスポット

今回ご紹介した3つのスポットはいずれもマリーナベイ地区にあり、徒歩で巡ることのできる近さにあるのも嬉しいところ。
熱帯で昼間は暑いシンガポールも、夜には散歩するのにちょうどよい気温に落ち着いてくるので、一気に巡ってみるのもおすすめです。
ぜひ自分だけのお気に入りの夜景スポットを見つけてみてくださいね。
※2018年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

【トラベルジェイピー・ナビゲーター】
アシュ 飯田

関連記事

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

シェア Google+
P R