ホーム 旅行&おでかけ > “しごとと湯とリゾート”がテーマの長崎「ホテルブリスヴィラ波佐見」

“しごとと湯とリゾート”がテーマの長崎「ホテルブリスヴィラ波佐見」

2021.09.03

波佐見焼で知られる長崎・波佐見は田園風景が広がるのどかな町ですが、その一角に突如現れるのが「ホテルブリスヴィラ波佐見」。ビジネスホテルですが、外観や設備、ホスピタリティをはじめ、療養を兼ねた温泉に地元食材を使った朝食など、リゾートに来ているようなそんなのんびりとしたホテルステイを楽しむことができます。

遊びにも仕事にも!万能快適ホテル

写真:ふるかわ かずみ

コテージのような白壁の外観と青い空…まるでリゾート地に来たような錯覚を覚える「ホテルブリスヴィラ波佐見」。その風貌からはイメージできませんが立派なビジネスホテルで、2015年2月に誕生しました。
ホテルのコンセプトは「しごとと湯とリゾート」。
平日はビジネス利用の方がメインですが、週末や休み期間などは家族連れやカップル、友達同士などの利用も多く、まさにコンセプトのようなゆったりした癒しの時間を過ごせるホテルです。

写真:ふるかわ かずみ

ロビーには宿泊客だけでなく、一般の人にも楽しめるコーナーがあちこちに工夫されています。まず一般の方も楽しめるのが、ロビー奥に展示された立派なバイクコーナー。
ホテルのオーナーの趣味で、私物のバイクを2〜3ヶ月に一度入れ替えて展示されています。バイク好きの方がわざわざ見にくるほどで、ホテルのお客様ではなくても無料で見学できます。

ロビーに併設された茶室でお茶体験も!

写真:ふるかわ かずみ

そしてロビーに入ってすぐ目に留まるのが、茶室ギャラリー「KANZA」。宿泊客に日常をはなれ、心静かに過ごす時間を持ってほしい・・という想いで作られた癒しの空間です。

写真:ふるかわ かずみ

宿泊客の方は基本利用無料ですが、不定休なので事前に利用時間なども確認しておきましょう。
オープンしているときはお抹茶とお茶菓子がいただけます。お茶椀は波佐見焼がずらりと並び、そこから自分の好きなものを選んでお茶をいただくことができます。作家さんによって、ひとつひとつ違うので選ぶ楽しさも!

写真:ふるかわ かずみ

お抹茶をたててくれる着物姿のスタッフさんとの会話もお茶をいただきながら弾みます。お茶碗の特徴をはじめ波佐見焼のことはもちろん、地元のことなど詳しく教えてくださるのも旅の醍醐味。

ゆったりした寛ぎの空間

写真:ふるかわ かずみ

ホテルの部屋は4種類用意されていて、ダブル、ツイン、ファミリー、ユニバーサルルームと、一人からファミリーまで、全44室と状況に応じたお部屋が揃っています。
部屋も、通常のビジネスホテルと比べてゆったりとした造りなので、部屋に長時間いてもストレスなく過ごせそうです。

写真:ふるかわ かずみ

部屋には、タオル(大&小)と部屋着、そしてバッグが用意されていて、いつでも温泉へお出かけできるようにもなっています。
また、部屋に置かれたマッサージクッション「ルルド」はヒーター内蔵で、グリグリとしっかりとした揉みごこちでほぐしてくれます。長時間デスクワークなどされる方にもいいかもしれませんね。

写真:ふるかわ かずみ

そして、カップは地元が誇る波佐見焼。近年の波佐見焼人気の火付け役とも言われる「マルヒロ」HASAMIブランドのブロックマグです。カフェやレストランで採用されているという、色違いのお洒落なカップで、コーヒータイムもカフェ気分を味わえそう。

高濃度炭酸泉「湯治楼」の温泉で疲れ解消!

写真:ふるかわ かずみ

さて、旅の疲れはゆっくり温泉で癒したいですよね。ホテルから徒歩約1分の場所にある「はさみ温泉 湯治楼(ゆうじろう)」のお湯は、心臓への負担が少なく、血流促進効果で知られる炭酸泉と呼ばれる温泉です。
自然の炭酸成分に加え、人工的に炭酸を注入しているので、さらに高濃度の炭酸泉が楽しめます。入ったら出たくなくなるほどの心地よさで、疲れ解消にもぜひおススメのお湯です。

写真:ふるかわ かずみ

ここ湯治楼の温泉は炭酸泉も大きな特徴ですが、pHも高くアルカリ性の温泉で美人の湯とも言われています。入るとぬるっとした浴感を感じることができるでしょう。浴槽はもちろんなんですが、カランやシャワーから出てくるのも温泉でなんとも贅沢!
宿泊者は宿泊当日はもちろん、翌日も何度でも入ることができるという入湯券付!温泉をしっかり満喫できますよ。
<はさみ温泉「湯治楼」の基本情報>
住所:長崎県東彼杵郡波佐見町長野郷558-3
電話番号:0956-76-9008
営業時間:9:30〜22:30(受付は21:30まで)
※年中無休(年に数回保守点検あり)

人気は焼きたての本格石窯ナポリピッツア!

写真:ふるかわ かずみ

夕食はホテル内のレストランも利用できますが、温泉と併設された「農陶レストラン清旬の郷」もオススメです。(※ホテル内のレストランは毎週日・月曜休み)
地元で採れた有機栽培の野菜をはじめ、生産者がわかる旬の食材をたっぷり使ったスローな食事メニューが味わえるレストランです。中でもイチ押しは石窯で焼いた本格ナポリピッツァ!外はカリッと、中はもっちりとした食感で、イタリアのビールも用意されているので、気になる方はいっしょに楽しんでみては。(ピッツアは水・木はお休み)

写真:ふるかわ かずみ

その人気のピッツアですが、レストラン入口手前に設置された石窯で焼いたもの。やきもの工場の煙突のレンガを再利用して作られたものだそうで、人気のマルゲリータはじめ、4種のチーズをたっぷり使ったクアトロフォルマッジや、生ハムのピッツアなど全部で6種類。テイクアウトも可能なので、部屋で食べたいという方も利用OKです。
<農陶レストラン「清旬の郷」の基本情報>
住所:長崎県東彼杵郡波佐見町長野郷558-3
電話番号:0956-85-6288
営業時間:
ランチ 11:30〜15:00(LO14:00)
ディナー 17:30〜21:00(LO20:00)
店休日:水曜日・木曜日

写真:ふるかわ かずみ

そして朝食は1階のレストランで、一人ずつの定食スタイルでいただけます。
(※以前はビュッフェ形式でしたが、現在は定食スタイルに変更)
地元長崎県の食材を使った、和洋バランスよく盛られたおかずに、棚田100選にも選ばれた、地元・波佐見の鬼木の棚田米のごはんなど、朝から食欲も進みますよ。

自由度の高いくつろぎのビジネスホテル

ビジネス利用はもちろん、観光や焼物巡りに温泉三昧・・と過ごし方は自由!スタッフも多くが地元の方ということで、どこかほんわかのんびりとした雰囲気が漂い、ホスピタリティも抜群。思い出に残るホテルステイをどうぞ。
2021年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
ホテルブリスヴィラ波佐見(外部リンク)
https://www.hotel-blissvilla.com/
はさみ温泉「湯治楼」(外部リンク)
http://minami-denen.jp/spa
農陶レストラン「清旬の郷」(外部リンク)
http://minami-denen.jp/restaurant

【トラベルjp・ナビゲーター】
ふるかわ かずみ

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ