ホーム 旅行&おでかけ > 滑らなくても楽しい!「星野リゾート トマム」冬のおすすめアクティビティ

滑らなくても楽しい!「星野リゾート トマム」冬のおすすめアクティビティ

2021.03.05

「星野リゾート トマム」の滑らない冬の楽しみ方は、その種類の豊富さや多様さで、全国でも群を抜いています。インドア、アウトドア、そしてアウトドアでも滑るか滑らないか。それぞれの好みや気分で過ごし方をカスタマイズできる優れもの。誰もが楽しめるので、ファミリー旅でも友旅でも、みんながハッピーに過ごせるのです。今回はその中でも、すべらないアクティビティにスポットをあてて、厳選してご紹介します!

トマムの大雪原で犬ぞりや乗馬をとおして動物たちとふれあう

写真:ろぼたん

2021年冬でイチオシなのが、大雪原を駆け巡る「犬ぞりツアー」!真っ白なトマムの大地を、8頭の犬たちとともにそりで駆け抜けます。ガイドが事前にそりの操作方法をしっかりレクチャーしてくれるし、一緒にスノーモービルで先導しながら走るので安心です。
走ってくれるのは、シベリアンハスキーや猟犬のポインターなどを掛け合わせたアラスカンハスキーという子たち。犬ぞり界では国内外でメジャーな子たちなんだそう。シベリアンハスキーにとってはそりを引くには北海道の冬は暑すぎるんだとか!

写真:ろぼたん

30分ほど走ったあとは、犬たちとのもふもふタイム。そりを引っ張ってくれた子たちと思うと可愛さもひとしおです。いっぱいなでなでしてあげましょう。
<大雪原を駆け巡る「犬ぞりツアー」基本情報>
営業期間:2020年12月22日〜2021年3月30日
※営業期間中の火曜日・金曜日開催
時間:9:00〜10:00・10:00〜11:00・11:00〜12:00・12:00〜13:00・13:00〜14:00
料金:2名1組15,000円
※要予約

写真:ろぼたん

犬もかわいいですが、馬もたまりません!ガイドが手綱を引いてくれる引き馬なので、経験がなくても安心です。いつもと違った高さから見わたす銀世界は新鮮ですよ。馬も冬毛でもっこもこ。15分ほど雪原をお散歩した後は、馬と一緒に撮影もできちゃいますよ。
乗馬中の写真も、ガイドにあらかじめカメラを渡しておけば撮ってくれます。かっこいい乗馬姿やかわいい馬とのラブラブ写真をSNSにアップしてみませんか。
<白銀の乗馬体験基本情報>
営業期間:2020年12月27日〜2021年3月31日
※木曜日定休
時間:10:00〜15:00(最終出発14:40)
※当日8:30より整理券(有料)を販売(無くなり次第終了)
料金:1名3,500円

「バナナボート」と「スノーモービル」でスリルを楽しむ!

写真:菊原 朝香

北海道の冬だから、滑らなくても全身で雪を感じたい!という人にうってつけなのが、雪上アクティビティ。ちょっとしたスリルと躍動感を楽しみたい人には「バナナボート」をオススメします。雪上で「キャー、キャー」と楽しそうな歓声があがっているのは、たいていバナナボート。
スノーモービルでひっぱってもらうのですが、バウンドしたり、カーブを描いて、振り落とされそうになったり。水上のバナナボートとはまたちょっと違うスリルを味わえます。予約も必要ないので、急に思い立っても大丈夫。
<バナナボートの基本情報>
営業期間:2020年12月12日〜2021年3月31日
時間:9:00〜16:00(最終お申込み受付15:30頃)
料金:
1,5km 中学生以上1,700円・3歳〜小学生1,200円
3km 中学生以上2,600円・3歳〜小学生1,600円

写真:菊原 朝香

引っ張ってもらうのじゃ物足りない!自分で運転してみたい!という人には「大雪原スノーモービル」。予約なしでできますし、防寒具さえあれば大丈夫。重量感のある大きなスノーモービルを操って風を切って走るのは、爽快感がたまりません。
子供にはキッズ用のスノーモービルもありますし、道内最長の未圧雪コース超ロングツアーを楽しめるスノーモービルオフピステツアーといったコースもあります。これらのコースについては、公式サイトをご確認くださいね。
<大雪原スノーモービルの基本情報>
営業期間:2020年12月12日〜2021年3月31日
時間:9:00〜16:00 (最終お申込み受付15:30頃)
料金:
3km 13歳以上2,500円・3歳〜12歳1,500円
6km 13歳以上4,500円・3歳〜12歳2,500円

雪煙巻き上げて疾走する「雪上バギーツアー」でトマムを探検

写真:菊原 朝香

文字通り、トマムのさらさらパウダースノーを全身で感じたい人は、ぜひ「雪上バギーツアー」を。フロントガラス以外遮るものがないので、巻き上げた雪煙をダイレクトに浴びて、まさに全身雪まみれです。バギーなので、デコボコな雪の上もなんのその。一番スリルと疾走感が楽しめる雪上アクティビティです。

写真:菊原 朝香

躍動感がある激しいアクティビティなのに、知的好奇心も満足させてくれるのもポイント。エゾシカやひぐまなどトマムに住む動物たちの生態や痕跡、そして樹々などの様子からトマムの冬の特徴などを知ることもできるのです。

写真:ろぼたん

<雪上バギーツアーの基本情報>
営業期間:2020年12月15日〜2021年3月31日
時間:10:00〜10:45・11:00〜11:45・13:00〜13:45
料金:1組(4名まで)12,500円
※要予約
※バギーの運転はガイドが行います

インドア派だって楽しめるのが「星野リゾート トマム」

写真:菊原 朝香

身体を動かすことよりも、じっくりと腰を据えて1つのことをやってみたい人や食べることが好きな人にオススメなのが、バームクーヘン作り。なかなか自分でバームクーヘンを作る機会なんてないですし、作り方はそう難しくないので、家族みんなで参加できるのもオススメポイント。
外が多少吹雪いていても出来るアクティビティなので、吹雪の中ゲレンデに出るのがニガテな方にもオススメです。作りたてほやほやを食べるもよし、誰かのおみやげにするもよし。オーブンではなく炭火で焼くので、香ばしい匂いがまた食欲をそそります。

写真:菊原 朝香

<バームクーヘン作りの基本情報>
営業期間:2020年12月1日〜2021年3月31日
時間:10:00〜11:30・12:00〜13:30・14:00〜15:30
料金:大人5,000円・子ども(2歳〜小学生)4,000円
※対象年齢未満の子供は無料

寒いのがニガテな人は「ミナミナビーチ」でSUPはいかが?

写真:ろぼたん

雪にまみれて遊ぶのに飽きたら、日本最大級のウエーブプール「ミナミナビーチ」で今流行りのSUPはいかがでしょう。ボードの上に立ってパドルで漕ぎながら水上散歩する、新しいマリンスポーツです。立つ勇気がなかったら、膝立ちでも楽しめます。
浅瀬から徐々に深くなっていく構造に、寄せては返す波。海さながらの迫力のウエーブプールで、ぷかぷか。体幹を使うので、エクササイズにもなります。プールに落ちそうで落ちない、そんなスリルをぜひ全身で楽しんでくださいね。上手に立てた時の爽快感と達成感は最高ですよ。
水着はレンタルショップで借りられるので手ぶらでOK(有料)!
<SUP Enjoy Parkの基本情報>
営業期間:2020年12月1日〜2021年4月4日
営業時間:ミナミナビーチ営業時間に準ずる
料金:1艇(2名乗り可) 1,100円
※別途ミナミナビーチ入場料(ザ・タワーとリゾナーレトマム宿泊者は無料)が必要

写真:菊原 朝香

旅はできるだけ身軽で行きたいもの。だけど厳寒の北海道を楽しむには、どうしても防寒具は欠かせません。かさばる防寒具だけでスーツケースがパンパンになっちゃいますよね。そんな悩みを解消してくれるのが、有料レンタルシステム。
スキーやスノボなどすべてフル装備一式のセットから、ウェア上下のみ、スノーシューズのみなど、過ごし方やお財布の中身に応じて選べるのがポイント。滑らないなら、ウェア上下をレンタルするだけでもかなり荷物をコンパクトにできますよね。日帰りなら、5時間という短時間のコースもありますよ。もちろん、ショップで購入もできます。
複数個所にレンタルステーションがあり、自分に都合の良い場所でレンタルも返却も受け付けてくれます。サイズ変更は何度でも可能です。人気ブランド「ATOMIC」なのもうれしいポイント!

「星野リゾート トマム」の冬を楽しみつくそう

取り上げたアクティビティは、どれも日帰りでも楽しめるものばかり。営業期間は天候や降雪状況、動物の体調により変動することがありますし、予約の必要のないアクティビティであっても、混雑状況によって受付時間が早まる可能性があるなど、その時の状況によって変わってくるので要注意です。
また、Web申し込みだと若干割引になるアクティビティがあったりもします。最少催行人数や定員、対象年齢、持ち物といった詳細は、関連メモに記載の公式サイトでご確認くださいね。そして、滑らなくても楽しい「星野リゾート トマム」の冬を過ごしてください。
※表示の価格は全て税・サービス料込
2021年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトをご確認ください。
取材協力:星野リゾート トマム

■関連MEMO
星野リゾート トマム(外部リンク)
https://www.snowtomamu.jp/winter/
アイスヴィレッジ新施設続々!星野リゾート トマムに「氷のBooks&Cafe」初登場
https://www.travel.co.jp/guide/article/36681/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
菊原 朝香

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)