ホーム ダイエット・ボディケア > お風呂のお湯は何度がベスト?疲れをとる入浴法

お風呂のお湯は何度がベスト?疲れをとる入浴法

みなさんお風呂はあつめ?ぬるめ?

お風呂は体をきれいにし、一日の疲れをとって身体も心もリフレッシュさせてくれます。

人それぞれあつめが好みだったりぬるめで浸かりたかっかったり、さまざまありますが、一番効果的に疲れをとる温度はどのくらいでしょうか。

おすすめはぬるま湯!

体をリラックスさせる働きの副交感神経を働かせるには、38〜40度のぬるま湯で入浴するとよいのです。40度以上の湯温では、交感神経が優位になってしまいリラックス効果が得られません。

ぬるま湯でゆっくりやすませてあげましょう。

入浴のタイミングは寝る一時間前!

寝る1時間前の入浴がおすすめです。お風呂から出たら30〜1時間後には布団に入り眠るといいでしょう。寝つきが良く、深い眠りにつけるので疲労回復にも効果的です。

副交感神経を優位にした状態で布団に入ることが、快適な眠りにつながります。

もう1点!食後すぐの入浴は、内臓への負担が大きいので、避けましょう。

お風呂上り、のち睡眠で風邪予防!

お風呂って何分入るのがベスト?

人の体温より少し高い38〜40度の湯温で、ゆっくり身体を温めるには上記の時間くらいが効果的です。

入浴時間は20〜30分くらいかけて入浴しましょう

ずっと湯船につかるのが苦手な時は、身体や頭を洗うことと、湯船に浸かることを交互にするのがおすすめです。また、音楽を聴いたり、入浴剤やアロマを楽しんだり、マッサージをしたりしてリラックスした時間を過ごす工夫をしてみるといいでしょう。

もっとキレイに!入浴による効果

(1)温熱による血行促進効果(2)水圧によるマッサージ効果(3)浮力によるリラックス効果などがあります。詳しくは、ドクターが下記サイトにてご説明しています。もっと知りたい方はこちらを見てみてください。

女子にうれしい入浴効果をもっと詳しく!

いかがでしたか。あつめのお風呂が好きだーっという方も、ぜひぬるめのお湯にゆっくり浸かってみてください。今までとは違う効果が得られるかもしれませんよ。

お風呂でできちゃう腰痛改善教えます

シェア Google+

関連記事

P R