ホーム 子育て > 「嘘つき」と言われて育った私…お母さんは私が嫌いなの?【母が怖い 第1話】

「嘘つき」と言われて育った私…お母さんは私が嫌いなの?【母が怖い 第1話】

母が怖い
ちょっとモラハラ気質のある夫との結婚生活、疲れてどこかに逃げたい…と思うこともしばしばあります。でもそんな疲れた時に、私は実家に帰ることができませんでした。

なぜなら私は、幼少期から母に疎まれて育ったからです。

■「夫との生活」について
共働きなのに家事をしない夫。理不尽なことを言われても、私には、その時帰る家がなかったのです…。

今回の話は、具体的な描写が含まれます。トラウマやフラッシュバックの可能性がある方、不快に思われる方は閲覧をお控えください。

■息子は私の愛情を感じられる?


結婚8年目にして授かった我が子。
普通なら嬉しくてたまらないはずなのに、私はずっと戸惑いの感情の中にいました。

出産後息子を腕に抱きならが不安でいっぱいでした。「産まれきてくれてありがとう」「可愛くて愛おしくてたまらない」「この子はなにがあっても私が守る」そういう母性的な感情が一切湧いてきませんでした。妊娠中も生まれてきた息子を見ても母性愛と言われるような、我が子を愛おしく思う感情が一切湧いてきませんでした。産まれてきた息子を育てることはできると思う。でもこの子が愛情を感じながら育つように接することができるかが自信がありませんでした。母性のなさは自分の育った環境からの影響が大きいんだろうなぁ

息子への私のアンバランスな感情。
それはきっと自分が育った環境の影響が大きいように思います。

私が育った環境とは…


■小さい頃、祖父母に預けられていた私は…

私を出産後、母は体調を崩し入院しました。その間兄姉は母方祖父母へ、私は父方祖父母へあずけられていました。私の母は私を出産後体調を崩し、3ヶ月ほど子どもを祖父母にあずけて入院していました。父方祖父母は3ヶ月間私を育てたことで、私を特に可愛がってくれてるようでした。

私は乳児のころに、父方の祖父母に短期間預けられていました

そんな父方祖父母は遠方に住んでいたので、私が物心ついてから会ったのは数回だけ。しかし祖母はいつも「とん奈がかわいい!」ととても気にかけていてくれました。

出産を経験した今になってみると、その時の母のつらさも少しだけわかる気がします。なぜなら…

息子が3歳になり、それまでの間に体調不良を何度か経験しました。体調不良の中での育児の大変さを身もを持って経験し、乳幼児3人の育児中の体調不良の入院前をした母親は本当に大変だっただろうなぁと感じています。息子が3歳になり、それまでの間に何回か体調不良を経験し、産後すぐに体調不良で入院した母は本当に大変だっただろうな、と感じるようになりました。夫は仕事でなかなか帰ってこず、育児は妻任せだった昔、そんな中での体調不良。当時の母の苦労は今の私以上だっただろうと思います。それでもやはり私への態度はちょっと異常だったと感じます。

母の気持ちがわかりたい…それでもどうして母が私にあんな態度を取ったのか今でも考えてしまいます。


■「嘘つき」と私のことを言う母が怖い…
本当のことを言っても「あんたは嘘つきだからね」謝っても「あんたのごめんなさいは口だけ」その他母から言われた辛い言葉や態度が今も忘れることなく残っています。最初は「お母さん、私に対しておかしい?」くらいでしたが、母の私への態度がどんどんひどくなり「お母さんがこわい」、「お母さんから嫌われている」、「お母さんから愛されない私は人から愛される人間じゃないんだ」と苦しむようになりました。実母から疎まれて育った私、母親が怖い、という感情とともに、「実のお母さんから愛されない私は、誰からも愛される人間じゃないんだ」と孤独感に苛まれるようなりました。

母はなぜか私に対してあたりがきつく、兄や姉に対しての態度と私への態度の差は歴然。

母の私への厳しい態度が続くうちに、母のことが怖くなりました。そして、1番愛してくれるはずの母親に愛されていない自分は愛される人間ではないんだ…と感じるようになり、長い間その感情が私を苦しめてきました。


大人になり母との関係性の問題を自分なりに向き合い克服したつもりでしたが、自分が育児をするとなると途端に不安が襲ってきて…。

息子が3歳になった今、乳児だった頃には淡々としていた感情に変化があり「かわいい」と思うことが増えました。でも母からされたことを息子にしてしまうのではないかと不安は付きまといます。

「愛情を感じながら育つ」ことはとても大切なことだと思います。

私は残念ながら実母との関係で「愛情を感じながら育つ」ことができませんでした。

そんな私が、息子が愛情を感じるような育児ができるだろうか…妊娠中からずっと不安に感じてる私にとっての育児の最大の課題です。

次回は私にイライラしてしてしまっていた過去の母の言動や行動の話です。

次回に続く!


(シャトー とん奈)

シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)